上条末夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

上条 末夫(かみじょう すえお、1933年4月30日 - )は、日本政治学者駒澤大学尚美学園大学名誉教授。

略歴[編集]

山梨県出身。1958年法政大学法学部政治学科卒業、東京政治研究所(のち現代史研究所)所員、1972年駒澤大学専任講師、1974年助教授、1981年教授。2000年定年退任、尚美学園大学総合政策学部教授。2006年退職。

著書[編集]

  • 中共は国連に加盟できるか 現代史研究所 1965.1
  • 公明党の動向 現代史研究所 1970.5
  • 政治意識の構造 北樹出版 1978.3
  • 政治社会学概論 北樹出版 1983.4
  • 戦後日本の総選挙 データの時系列分析 北樹出版 1991.3

共編著[編集]

  • 公明党の虚像と実像 創価学会=公明党批判 和田春生,遠藤欣之助共著 民主社会主義研究会議 1968(学習ライブラリー)
  • 戦後日本政治史 中村菊男共著 有信堂 1973
  • 基礎政治学 北樹出版 1979.4
  • 転機に立つ日本の防衛 日米新時代への対応 西修共著 学陽書房 1982.3
  • 政治学概論 北樹出版 1992.4
  • ガバナンス 北樹出版 2005.6(総合政策シリーズ)
  • 政策課題 北樹出版 2006.4(総合政策シリーズ)

参考[編集]

  • 現代日本人名録2002