上條馨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上條 馨 (かみじょう かおる、大正10年(1921年3月7日 - 昭和36年(1961年1月3日)は、山梨県郷土史家神職

略歴[編集]

山梨県甲府市御崎神社宮司を務める上條定久、多津の二男として生まれる。昭和13年(1938年)3月に山梨県立甲府中学校(現在の山梨県立甲府第一高等学校)を卒業後、神宮皇學館(現在の皇學館大学)に入学し同校を卒業。山梨県立甲府中学校、山梨県立甲府第一高等学校に勤務し、昭和23年(1948年)には母校である山梨県立甲府第一高等学校の校歌作詞[1]、また、父の後を継ぎ御崎神社宮司を務める。その後、病気のため同校教諭を辞職。後に山梨学院大学講師山梨学院大学附属高等学校教諭となる。39歳で死去。

著作[編集]

  • 『風塵抄』朗月堂 昭和26年(1951年)刊
  • 『御崎神社の由来・神社神道の信仰』御崎神社社務所 昭和28年(1953年)刊
  • 神道神学交論』共著 五十鈴会 昭和29年(1954年)刊
  • 『国語研究の栞』御崎神社社務所 昭和29年(1954年)刊
  • 武田八幡宮奉献勝頼夫人願文のこと』 昭和32年(1957年)刊
  • 『甲州風物詩』柳生堂 昭和34年(1959年)刊
  • 『甲州風物詩 続』柳生堂 昭和36年(1961年)刊
  • 『甲州風物詩』創立111周年・平成三年度 甲府中学甲府一校同窓会総会実行委員会 平成3年(1991年)刊

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和23年(1948年)10月22日に同校講堂で、作曲者の小松清ソプラノ歌手の浅野千鶴、ピアノ伴奏の安倍和子により校歌の発表会が開催されている。なお、甲府中学校時代の校歌は三井甲之が作詞している。

参考文献[編集]

  • 『甲州風物詩』平成3年(1991年)刊