上毛大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上毛大橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 群馬県前橋市川原町-同県吉岡町大久保間
交差物件 利根川
用途 道路橋
路線名 群馬県道161号南新井前橋線
開通 1997年
座標 北緯36度25分40秒 東経139度02分02秒 / 北緯36.42778度 東経139.03389度 / 36.42778; 139.03389座標: 北緯36度25分40秒 東経139度02分02秒 / 北緯36.42778度 東経139.03389度 / 36.42778; 139.03389
構造諸元
形式 6径間PCラーメン橋
全長 534 m
20 m
最大支間長 100 m
地図
上毛大橋の位置
上毛大橋の位置
上毛大橋の位置
上毛大橋の位置
上毛大橋の位置
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
群馬県道161号標識

上毛大橋(じょうもうおおはし)は群馬県前橋市川原町〜同県吉岡町大久保の間にある、利根川に架かるである。

概要[編集]

1996年(平成8年)に完成し[1]1999年(平成11年)3月に上毛大橋が開通した[2]。右岸側(吉岡町側)より左岸川(前橋市側)のほうが標高が低いため、右岸側から左岸側にかけて3.7 %の下り勾配になっている。路線は群馬県道161号南新井前橋線。周辺に群馬県総合スポーツセンター敷島公園などの施設があるため交通量も多い。また、眺望が良く初日の出観賞スポットとしても人気。 構造形式は6径間PCラーメン箱桁橋で、橋長は534 m[1]、幅員は20.0 m[3](総幅員21.80〜24.80 m[4])、支間長は100 mである[4]。左岸側は5径間連続RC中空床版橋の取付高架に接続する[1]

2007年12月にはJOMOのCMに登場し[5](ローマ字表記でJomo Ohashiとなるため)、話題になった。

周辺[編集]

橋の周辺は河岸段丘地形である。左岸側には利根川の旧河道が2本存在する[6]

隣の橋[編集]

(上流) - 坂東橋 - 新坂東橋 - 上毛大橋 - 大渡橋 - 中央大橋 - (下流)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 県前橋土木が5橋の補修工に着手”. 日本工業経済新聞社 (2014年6月18日). 2018年5月25日閲覧。
  2. ^ 柴崎徳一郎. “駒寄PAスマートIC社会実験について (PDF)”. 一般財団法人道路新産業開発機構. p. 16. 2018年7月16日閲覧。
  3. ^ R10:川を渡る橋・群馬県 (PDF)”. 中日本建設コンサルタント. p. 3. 2018年5月26日閲覧。
  4. ^ a b カンチレバー工法 実績集 (PDF)”. カンチレバー技術研究会. p. 29 (2017年7月). 2018年5月26日閲覧。
  5. ^ ロケ実績一覧”. 公益財団法人前橋観光コンベンション協会. 2018年5月25日閲覧。
  6. ^ 澤口宏. “前橋台地の利根川 (PDF)”. 群馬県立自然史博物館. pp. 113-115. 2018年7月16日閲覧。