上毛野小足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
上毛野小足
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 和銅2年4月16日709年5月29日
別名 男足
官位 従四位下陸奥守
主君 文武天皇元明天皇
氏族 上毛野朝臣
テンプレートを表示

上毛野 小足(かみつけの の おたり)は、飛鳥時代貴族。名は男足とも書く。朝臣官位従四位下陸奥守

経歴[編集]

文武天皇4年(700年)吉備総領に任ぜられる(この時の冠位は直広参)。大宝元年(701年)の大宝律令による位階制の施行以降に、正五位上に叙せられる。のち、大宝3年(703年下総守和銅元年(708年陸奥守文武朝から元明朝にかけて東国の国司を歴任する。なお、下総陸奥両国の国司で名がわかる最初の人物である。

和銅2年(709年)4月16日卒去。最終位階は従四位下。

官歴[編集]

続日本紀』による。

参考文献[編集]