上毛野馬長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上毛野 馬長(かみつけの の うまおさ、生没年不詳)は、奈良時代貴族朝臣官位従五位上出羽守

経歴[編集]

淳仁朝天平宝字8年(764年)正月に従五位下叙爵し、出羽介任官する。同年9月に発生した藤原仲麻呂の乱では孝謙上皇側に与したらしく、乱後の10月に解官された大原今城の後任として上野守に補せられている。

称徳朝神護景雲2年(768年左衛士員外佐となるが、この時の左衛士督には石上息継が任ぜられている。

光仁朝宝亀7年(776年百済王武鏡の後任の出羽守に任じられ、翌宝亀8年(777年従五位上に至る。

官歴[編集]

続日本紀』による。

参考文献[編集]