上毛電気鉄道220型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上毛電気鉄道220型電車(じょうもうでんきてつどう220がたでんしゃ)は、かつて上毛電気鉄道で使用されていた通勤形電車の一系列である。

1967年日本国有鉄道(国鉄)から全長17m級の旧形国電を譲り受けたもので、クモハ11形制御電動車デハ220型クハ16形が制御車のクハ770型となり、この両形式で2両編成を組んでいた。車号はデハ220型がデハ222・224の偶数番号のみ2両、クハ770型がクハ771・773の奇数番号のみ2両。

230型への車両統一による代替で、1978年に4両とも廃車、解体されている。

各車両の詳細については以下の項目を参照。