上毛高原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上毛高原駅
東口 (2019年4月)
東口 (2019年4月)
じょうもうこうげん
Jōmō-Kōgen
高崎 (46.6km)
(47.6km) 越後湯沢
所在地 群馬県利根郡みなかみ町月夜野1756
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 上越新幹線
キロ程 121.3km(大宮起点)
東京から151.6km
電報略号 コケ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
745人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1982年昭和57年)11月15日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
テンプレートを表示
東口全景
西口

上毛高原駅(じょうもうこうげんえき)は、群馬県利根郡みなかみ町月夜野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)上越新幹線である。標高450m。事務管コードは▲411231[1]。実キロでは東京駅と新潟駅のちょうど中間に位置する。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅で、副本線のみにホームがある。駅舎は高架下にある。

社員配置駅。駅舎にはみどりの窓口指定席券売機(1台)、売店待合室がある。自動体外式除細動器 (AED) 設置。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1 ■ 上越新幹線 上り 東京方面
2 下り 越後湯沢新潟方面

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は745人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。上越新幹線の駅では最も乗車人員が少ない駅のひとつに数えられる。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 835 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 823 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 785 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 815 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 767 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 741 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 732 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 740 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 725 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 659 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 666 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 727 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 761 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 767 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 816 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 740 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 731 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 734 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 745 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

駅前にはD51形蒸気機関車745号が保存されていたが、2011年11月に水上駅前広場に移設された。

バス路線[編集]

当駅発着の路線バスは関越交通が沼田市内、猿ヶ京、尾瀬、たんばらラベンダーパーク方面へ運行している。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
1   上牧駅前、水上温泉水上駅 谷川岳ロープウェイ 関越交通
2 鎌田線 後閑駅前、沼田駅、鎌田、鳩待峠バス連絡所 大清水 関越交通 冬期運休
後閑駅前、沼田駅、鎌田、鳩待峠バス連絡所 戸倉スキー場 冬季運転
後閑駅前、沼田駅、鎌田 鳩待峠バス連絡所
猿ヶ京線 後閑駅前、沼田駅 沼田市保健福祉センター前 関越交通
3 猿ヶ京線 湯宿温泉猿ヶ京温泉 猿ヶ京 関越交通
  たんばらラベンダーパークシャトルバス 沼田駅、たんばらラベンダーパーク 玉原センターハウス 関越交通 夏季運転
観光会館前 高速バス「みなかみ温泉号」 川越駅 バスタ新宿(新宿駅) 関越交通 夏季運転
  宝台樹スキー場シャトルバス 道の駅みなかみ水紀行館上越線水上駅 水上宝台樹スキー場 武尊山観光開発 期間限定運行

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
■上越新幹線
高崎駅 - 上毛高原駅 - 越後湯沢駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  2. ^ 尾崎満治「「大清水」送水管敷設工事」『交通技術 1985年10月』、財団法人交通協力会、ISSN 0288-2140
  3. ^ 第6回 12月定例議会 (PDF) - みなかみ町議会だより2013年2月1日
  4. ^ 水上地区まちづくり協議会 (PDF) - 水上地区まちづくり協議会 平成24年度活動のあゆみ
  5. ^ 「タッチでGo!新幹線」の開始について 2017年12月5日

利用状況[編集]

  1. ^ a b 新幹線駅別乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月9日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  14. ^ 新幹線駅別乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  15. ^ 新幹線駅別乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  16. ^ 新幹線駅別乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  17. ^ 新幹線駅別乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  18. ^ 新幹線駅別乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。
  19. ^ 新幹線駅別乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年4月10日閲覧。

関連項目[編集]