上気道咳嗽症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Post-nasal drip
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
耳鼻咽喉科
ICD-10 R09.8
ICD-9-CM 784.91
eMedicine ent/338
テンプレートを表示

上気道咳嗽症候群(じょうきどう・がいそう・しょうこうぐん, upper airway cough syndrome; UACS)は鼻粘膜から産生された過度の粘液 によっておこる疾患。鼻汁が喉へ流れ込み(後鼻漏)刺激し、慢性化した咳嗽が引き起こされる[1]。以前は後鼻漏症候群(postnasal drip syndrome)と呼ばれていた。

しばしばアレルギーが原因となるが、症状は季節性とは限らず、通年性であることもある。

治療[編集]

第一世代抗ヒスタミン薬が第一選択薬として用いられる[2][3]鎮咳薬は無効であることも多い。

脚注[編集]

  1. ^ Terasaki G, et al. Evaluation and treatment of chronic cough. Med Clin North Am. 2014;98(3):391-403. doi: 10.1016/j.mcna.2014.01.002. Epub 2014 Mar 15.
  2. ^ Irwin, Richard S. (January 2006). “Diagnosis and Management of Cough Executive Summary”. Chest 129 (1): 1S–23S. doi:10.1378/chest.129.1_suppl.1S. PMC: 3345522. PMID 16428686. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3345522/. 
  3. ^ Bolser DC. Older-generation antihistamines and cough due to upper airway cough syndrome (UACS): efficacy and mechanism. Lung. 2008;186 Suppl 1:S74-7. Epub 2007 Oct 2.