上汐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上汐
天王寺郵便局
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 大阪府
市町村 大阪市
中央区天王寺区
人口
2015年(平成27年)10月1日現在)
 • 合計 4,262人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
542-0064(中央区)
543-0002(天王寺区)

上汐(うえしお)は、大阪府大阪市中央区及び天王寺区町名。現行行政地名は上汐一丁目から六丁目まで。一丁目から二丁目までが中央区、三丁目から六丁目までが天王寺区に属する。

2015年10月1日現在の人口は4,262人、世帯数は2,344世帯[1][2]郵便番号は〒542-0064(中央区)及び〒543-0002(天王寺区)。

地理[編集]

大阪市中央区の南部、天王寺区の北西部に位置する。

東西を横切る千日前通を境に、北側の上汐一丁目から二丁目が中央区、南側の三丁目から六丁目が天王寺区に属する。北は中央区上本町西、東は中央区東平・天王寺区上本町、東は中央区谷町八丁目及び九丁目・天王寺区生玉前町、南は天王寺区四天王寺にそれぞれ接する。

歴史[編集]

菅原道真大宰府左遷の際に当地で「汐待」をした故事にかけて「汐町」と称し、船場の塩町(現在の中央区南船場)との混同を避けるため上町の「上」を冠している。

もとは東成郡北平野町村・南平野町村の各一部で、両村を上汐町筋と野堂町筋の2本の道路が縦断していた。現在も中央区側では上汐町筋沿いが上汐1 - 2丁目、野堂町筋沿いが東平1 - 2丁目となっているが、天王寺区側は野堂町筋が上汐3 - 6丁目と上本町6 - 9丁目の境界線となっている。

沿革[編集]

  • 1889年4月1日 町村制の施行により、東成郡東高津村・北平野町村・南平野町村が合併して東平野町が発足。
  • 1897年4月1日 東平野町が大阪市へ編入され、東区に所属。
  • 1900年 東平野大字北平野・南平野に東平野町1 - 10丁目の町名が成立。
  • 1926年 東平野町1 - 10丁目の西側(上汐町筋沿い)を上汐町1 - 6丁目に改称。同時に東平野町の残余(東側)も1 -6丁目に再編。
  • 1943年4月1日 上汐町・東平野町の各3丁目の千日前通以北が南区へ、同以南が天王寺区へ転属。
  • 1981年 天王寺区側が上汐3 - 6丁目の現行町名に改称。
  • 1982年 南区側が上汐1 - 2丁目・東平1 -2丁目の現行町名に改称。
  • 1989年 東区と南区の合区により、上汐1 - 2丁目・東平1 -2丁目が中央区へ転属。

施設[編集]

公共施設[編集]

公園[編集]

  • 上汐公園
  • 上汐北公園

社寺[編集]

  • 一心院
  • 光照寺

企業[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

主要地方道

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大阪市中央区 世帯数表 ポスティング.com
  2. ^ 大阪市天王寺区 世帯数表 ポスティング.com