上浦郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上浦郡(かみうらぐん)はかつて出羽国に存在した

概要[編集]

現代で言えば、秋田県仙北地方(広義の)南部にある雄勝郡平鹿郡横手市の周辺が該当する。これに対し、仙北地方北部の角館・長野・生保内周辺の戸沢氏領を北浦郡、六郷・金沢周辺および本堂氏領を中郡と呼んだ。

戦国時代には小野寺氏の支配する領域であったが、豊臣政権期には、戸沢氏が北方から侵攻して激戦となった。惣無事令後に上浦南部の三分の一が最上領となって以降は、小野寺・最上両大名間で本格的な戦闘が行われ、平鹿郡の半分以上が最上軍によって攻略された。江戸時代に入ると、最上氏と佐竹氏の間で領土交換が行われて、上浦郡一帯は佐竹家久保田藩領となった。

関連項目[編集]