上海ジャパンフットボールクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

上海ジャパンフットボールクラブ(シャンハイジャパンフットボールクラブ、略称:SJFC)は、在上海日本人子女のためのサッカークラブである。

当時、中国(上海)における日本人駐在員の子供たちの活動場所(遊び場)がたいへん少なかったことから、学校関係者ならびに保護者らに相談を受け、上海日本人学校の課外活動として、日本人学校関係者ならびに上海日本商工クラブの協力を経て、学校グランドの使用許可を得る。上海市中国)に在住していた日本人によって、上海日本人学校サッカークラブとして1994年にチームを発足する。

『サッカーを続けたい、と1人でも多くの子供達が思ってもらえるように』また、『サッカーを通じて多くのことを学んで欲しい』という思いを抱き、有志の意思を継承しながら、ボランティアスタッフによる活動が今日も続けられている。その後、上海ジャパンフットボールクラブへと名称変更し、2007年にSJFC事務局が設けられ、上海在住の日本国籍を有する子供たちを中心とした、日本人少年少女サッカーチームとして活動する。

上海在住のアメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・オランダ・ブラジル・中国・台湾など、諸外国の子供たちが一同に集まる上海国際ユースサッカーリーグで日本人代表として運営等を行いながら、国境を越えて楽しむサッカーの普及とサッカー環境の整備の改善を通じた国際交流を続けている。

目的[編集]

日中のサッカー普及とサッカー技術の習得を目指し、スポーツマンシップ、チームワークを身に付けると共に『健康維持・体力増強・国際交流』を目的とする。