上海港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上海港
Port of Shanghai, Yangshan Deep-water Harbour Zone, 02.jpg
洋山港
所在地
中華人民共和国
所在地 上海市浙江省舟山市嵊泗県
座標 北緯31度14分53.23秒 東経121度29分36.17秒 / 北緯31.2481194度 東経121.4933806度 / 31.2481194; 121.4933806座標: 北緯31度14分53.23秒 東経121度29分36.17秒 / 北緯31.2481194度 東経121.4933806度 / 31.2481194; 121.4933806
詳細
開港 13世紀頃
管理者 上海國際港務(集團)股份有限公司
統計
統計年度 2014年
貨物取扱量 7億5500万トン
コンテナ数 3528.5万個(TEU)

上海港(シャンハイこう)は中国上海市にある世界最大規模の国際貿易港。2010年にシンガポール港を抜いた[1][2]

概要[編集]

長江河口からすぐのところにある黄浦江の沿岸には古くから港が形成され、北宋徽宗政和三年(1113年)には華亭県(現在の松江区)に秀州華亭市舶司が置かれ、対外的な港町として発展し始めた。代には上海は中国でも有数の港町になった。清代の海禁により上海は対外貿易港としての機能を失ったが、長江大運河・沿海部を結ぶ国内交通の要として、中国国内でも一二を争う港になった。

アヘン戦争後の南京条約により、上海は1843年条約港として開港し、広州に代わり中国の対外貿易の中心地となった。黄浦江沿岸には欧米各国による上海租界ができ、上海は中国の輸出入の半分ほどを扱うアジア有数の港湾都市になった。

日中戦争時の第二次上海事変1937年)で上海港は日本軍に占領され、海外資本は香港に逃れた。国共内戦末期の1949年5月、上海は中国共産党に占領された。以後、上海は中国の首位の貿易港であり続けたものの、その世界的地位は中国経済の混乱と停滞とともに低落していった。

1970年代末の改革開放政策とともに上海は再び発展を開始した。黄浦江の両岸の旧式港湾はコンテナを扱えるように改造され、さらに黄浦江を出たところにある長江沿岸にも大規模なコンテナ港湾が完成し、上海港の中心は長江沿岸に移った。

1990年代には上海港は世界のコンテナ港の中でも取扱数上位となり、首位となるのも時間の問題となったが、黄浦江は水深が浅く10メートルに満たず、長江も上流から流れる大量の土砂のために水深は10メートル程度に過ぎなかった。年々大型化するコンテナ船が、いずれ上海港に入港できない超パナマックス級(埠頭に15メートル以上の水深を要求するほどの大きさ)になることが予想されたため、中国政府は上海の30キロメートル沖合、東シナ海に面した杭州湾上の嵊泗列島の大洋山島・小洋山島を埋め立て、世界のハブ港湾となる巨大な洋山深水港を建設した。2005年に開港した洋山深水港はその後も拡張を続け、上海港の新たな中心となっている。

主要ゾーン[編集]

  • 黄浦江沿岸:上海港の古くからの中心地。張華浜、軍工路、共青、朱家門などの埠頭がある
  • 長江沿岸:1990年代以降の上海港の中心地。宝山、羅涇、外高橋などのコンテナ埠頭がある
  • 洋山深水港:杭州湾の入り口に建設された上海の外港で、世界のコンテナ航路のハブ港湾

脚注[編集]

  1. ^ “Shanghai overtakes S'pore as world's busiest port”. Straits Times. (2011年1月8日). http://www.straitstimes.com/BreakingNews/Singapore/Story/STIStory_621944.html 2011年9月14日閲覧。 
  2. ^ Statistics”. www.iaphworldports.org. 2015年10月3日閲覧。