上田健一 (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

上田健一(うえだ けんいち、1927年2月2日 - 2016年10月18日[1])は、毎日新聞主筆であり、現在は毎日新聞社社友。また「日本エッセイスト・クラブ」理事長

1951年早稲田大学政治経済学部卒業。読売新聞渡邉恒雄とは東京大学新聞研究所(現・東京大学大学院情報学環教育部)の同期で、長きに渡る交友がある。1951年4月毎日新聞東京本社入社。社会部および政治部記者としてキャリアを積み、同社ワシントン支局長、政治部長、論説委員長、大阪副代表兼編集局長を経て、1980年同社取締役に就任、同年主筆兼東京本社編集局長。1983年同社顧問。1965年より1990年まで、随時TBS系列の「JNNニュースコープ」などの番組でニュースキャスターとして出演。1989年4月より10年間桐朋学園大学教授

西山事件発覚時の政治部長であり、山崎豊子の小説『運命の人』に登場する毎朝新聞政治部長・司脩一のモデルである[2]

脚注[編集]

  1. ^ “訃報 上田健一さん89歳=毎日新聞社元取締役主筆”. 毎日新聞. (2016年10月22日). http://mainichi.jp/articles/20161023/k00/00m/060/019000c 2016年10月22日閲覧。 
  2. ^ 渡邉恒雄「私はTBS『運命の人』に怒っている!」サンデー毎日2012年2月19日号

参照[編集]

  • 「人事興信録」(2009年6月現在の最新版)