上田定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上田 定
Kamita Sadamu.jpeg
上田 定(二等兵曹時代)
生誕 1916年10月24日
日本の旗 日本 広島県山県郡北広島町
死没 (1941-12-08) 1941年12月8日(25歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ準州真珠湾
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1934 - 1941
最終階級 海軍兵曹長
テンプレートを表示

上田 定(かみた さだむ、1916年大正5年)10月24日 - 1941年昭和16年)12月8日)は日本海軍軍人太平洋戦争劈頭の真珠湾攻撃において特殊潜航艇甲標的」搭乗員として戦死した九軍神の一人。二階級特進により最終階級は海軍兵曹長

人物・来歴[編集]

広島県出身。上田は5人兄弟姉妹の長男であった。中学を卒業後、海兵団に入団し、水雷学校普通科、舞鶴防備隊潜水学校、水雷学校高等科を修卒業。術科学校の高等科を卒業した下士官は、日本海軍の実務を担う人材であったが、上田の高等科卒業時の成績は抜群[1]であった。

真珠湾攻撃[編集]

艇長
横山正治少佐

1941年(昭和16年)12月7日午前0時42分(以下、現地時間)、真珠湾の湾口212度、7海里の地点[2]から艇長・横山正治海軍中尉とともに「伊一六潜水艦」から出撃した。特別攻撃隊特殊潜航艇(以下「特潜」 )5隻の先陣である。

午前10時4分、上田・横山艇は真珠湾口で軽巡洋艦セントルイス」を雷撃したが、命中はしていない[2]。この際、上田・横山艇が発した「われ奇襲に成功せり」の無電は母潜(伊一六)で受信されている[3]。「セントルイス」の砲撃を回避し潜行したが、母潜との会合地点には現れず、その後の消息は不明であった。21世紀に入り上田・横山艇と推測される「特潜」が真珠湾外で発見された[4]

真珠湾特別攻撃隊指揮官は、「特潜」搭乗員4名が米海軍により埋葬され、うち1名は上田である可能性を指摘している[3]。墓は未発見である。

最後の帰省[編集]

1941年(昭和16年)9月、上田は帰省を許された。上田は発熱した状態で帰省したが、故郷は豪雨に見舞われ川が氾濫した状態であった。上田は村人と共に排水、土嚢積みなどに従事。働きぶりは凄まじいものであったと伝わる。夕方に40度を超す高熱で倒れ、翌日高熱が下がらないまま帰隊していった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『九軍神は語らず』「軍神・上田定 - 嫁ももらわずに」
  2. ^ a b 『本当の特殊潜航艇の戦い』「第三章 甲標的作戦の実態」
  3. ^ a b 『決戦特殊潜航艇』「第二章 真珠湾攻撃」
  4. ^ NHK ONLINE2011年9月10日閲覧

参考文献[編集]