上田忠彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上田 忠彦 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ウエダ タダヒコ
ラテン文字 UEDA Tadahiko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1947-08-03) 1947年8月3日
出身地 京都府
没年月日 (2015-04-15) 2015年4月15日(67歳没)
選手情報
ポジション FW
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

上田 忠彦(うえだ ただひこ、1947年8月3日 - 2015年4月15日)は、日本の元サッカー選手。ポジションはFW京都府出身。

経歴[編集]

元日本代表サッカー選手釜本 邦茂氏と同じ、京都市立太秦小学校でサッカーを始める。市立蜂ヶ岡中学校、京都商業高高等学校(現、京都学園高等学校)から法政大学へと進み、新日本製鐵に加入。日本代表としても12試合に出場し7得点を記録した。現役時代はヘディングの強さが特徴のFWで、1970年のアジア大会では釜本邦茂と2トップを組んだ経験もある。

現役引退後は京都市の京都J-マルカフットボールクラブの代表者で、サッカーの指導者。また、京都クラブユースサッカー連盟(U-15)の監事も務めていた。2007年からはJ2担当のJリーグマッチコミッショナーに就任した。

2015年4月15日、肺癌のため死去[1]。67歳没。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1970 新日鐵 JSL 8 -
1971 新日鐵 JSL 8 -
1972 新日鐵 JSL1部 5 -
1973 新日鐵 JSL1部 4
通算 日本 JSL1部 60 25
総通算 60 25

代表歴[編集]

  • 日本代表初出場(国際Aマッチ):1970年8月2日 対韓国戦(クアラルンプール)
  • 日本代表初出場:1970年3月15日 対日本代表B戦(国立競技場
  • 日本代表初得点:1970年8月10日 対シンガポール戦(クアラルンプール)

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 13試合 7得点(1970-1971)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1970 10 7 8 1 18 8
1971 3 0 10 2 13 2
1972 0 0 1 0 1 0
通算 13 7 19 3 32 10

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1970年8月10日 マレーシアクアラルンプール シンガポールの旗 シンガポール 4-0 勝利 ムルデカ大会
2 1970年8月10日 マレーシア、クアラルンプール シンガポールの旗 シンガポール 4-0 勝利 ムルデカ大会
3 1970年8月16日 マレーシア、クアラルンプール 中華民国の旗 中華民国 3-2 勝利 ムルデカ大会
4 1970年8月16日 マレーシア、クアラルンプール 中華民国の旗 中華民国 3-2 勝利 ムルデカ大会
5 1970年8月16日 マレーシア、クアラルンプール 中華民国の旗 中華民国 3-2 勝利 ムルデカ大会
6 1970年12月14日 タイバンコク ビルマの旗 ビルマ 2-1 勝利 アジア競技大会
7 1970年12月18日 タイ、バンコク 大韓民国の旗 韓国 1-2 敗戦 アジア競技大会

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993