上田橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
長野県道77号標識
北岸(右岸)より下流方向を望む

上田橋(うえだばし)は千曲川に架かる全長207m・幅員6.5mの道路橋梁である。長野県上田市に架かる橋としては一番古い橋である。かつては国道143号の一部をなしていたが現在は長野県道77号長野上田線の一部をなしている。

概要[編集]

  • 区間 - 長野県上田市御所(左岸) - 同県同市天神町3丁目(右岸)
  • 開通日 - 1970年(昭和45年)11月3日 ※現在の橋

歴史[編集]

  • 1890年(明治23年)3月1日 - 初代の上田橋が開通。初代は木造3連のケーソンガータープレート方式であった。
  • 1892年(明治25年) - 上田橋が大雨による増水で一部損壊、不通に。
  • 1895年(明治28年) - 木造5連のケーソンガータープレート方式により再建。
  • 1925年(大正14年)8月7日 - 2代目の上田橋が開通。2代目は鉄骨4連ケーソンガータープレート方式であった。
  • 1926年(大正15年・昭和元年) - 初代の上田橋解体される。(上記開通後も併用していた。)
  • 1970年(昭和45年)11月3日 - 現在の上田橋が完成。
  • 1972年(昭和47年) - 2代目の上田橋が解体される。(上記開通後も併用されていた。)

周辺[編集]

座標: 北緯36度23分44.4秒 東経138度14分37.6秒 / 北緯36.395667度 東経138.243778度 / 36.395667; 138.243778