上田穣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上田 穣
(うえた じょう)
生誕 (1892-02-06) 1892年2月6日
日本の旗 日本
死没 (1976-11-13) 1976年11月13日(84歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 天文学
研究機関 水沢緯度観測所
京都大学
京都女子大学
生駒山天文博物館
出身校 東京帝国大学
博士課程
指導学生
古川麒一郎
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

上田 穣(うえた じょう、1892年2月6日 - 1976年11月13日)は日本の天文学者

生涯[編集]

徳島県出身。1916年東京帝国大学理科大学星学科卒業、水沢緯度観測所の技師となる。1929年理学博士号を取得し、1931年京都帝国大学理学部教授となる。京大時代は理学部宇宙物理学教室の創設者・新城新蔵に師事し[1]、花山天文台長や生駒山太陽観測所長を務めた。1955年に京大を定年退官し名誉教授となる。退官後は京都女子大学教授、生駒山天文博物館長、日本暦法協会長を務めた。

上田の弟子には古川麒一郎がいる[1]。長男は物理学者の上田正康。

上田の名は1953年10月11日三谷哲康によって発見された小惑星に名付けられている。上田の名がつけられた小惑星については1619 Uetaを参照。

著書[編集]

  • 『石氏星経の研究』東洋文庫〈東洋文庫論叢 第12〉、1930年。
  • 『病床に在る友へ』岩岡書店、1934年。
  • 『東京帝室博物館所蔵の天球儀に就て 附・帝室博物館及び足利学校の天球儀の関係に就いて 足利学校保存の天球儀に就いて』上田穣、1935年。
  • 『日食の話』朝日新聞社〈朝日科学新輯 4〉、1943年。
  • 『日食敍説』富書店、1948年。
  • 『天体観測法』恒星社厚生閣、1949年。
  • 『京大理理学講座・暦法改法革の諸問題』創元社、1974年。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]