上田薫 (教育学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上田 薫(うえだ かおる、1920年大正9年)5月17日 - )は、日本の教育学者東京教育大学教授、立教大学教授、都留文科大学学長を務めた。現在「社会科の初志をつらぬく会」の名誉会長。

人物[編集]

大阪府生まれ。兵庫県の旧制中学校から、旧制武蔵高等学校を経て京都帝国大学哲学科に進むが、1944年秋に仮卒業で学徒出陣し、南京に送られる。敗戦により国民党軍の捕虜になった後、日本に帰国した。1946年9月に文部省に入省し、新教育の小学校社会科の学習指導要領と教科書の作成にあたった。続いて「道徳教育のための手引書要綱」を作る。

後に名古屋大学、東京教育大学、立教大学で教員生活を送り、最後は都留文科大学学長を務めた。長く信濃教育会教育研究所所長を兼任。教育哲学、教育方法学を研究、講義しつつ、この間一貫して教育現場の研究実践にかかわり続け今日に至る。

旧制中学の同年生は、「小柄な方のやせ型でおとなしい勤勉な印象であり、ゴム毬野球は名手であった」と書いている[1]

家族[編集]

西田幾多郎の長女・弥生の長男であり、父操は裁判官であった。『西田幾多郎歌集』(岩波文庫)を編集している。 千輪浩は義父。三女春野が夫人である。

主著[編集]

  • 『教育をゆがめるものはなにか』国土社、1986年
  • 『人間の生きている授業』黎明書房、1986年
  • 『人間その光と影 - やわらかさを育てる - 』黎明書房、1987年
  • 『未来にいかなる光を - 重さとさわやかさに培う - 』黎明書房、1988年
  • 『教師も親もまずわが足もとを見よ - 人間観の変革 - 』金子書房、1989年
  • 『人間のための教育』国土社、1990年
  • 『ずれによる創造 人間のための教育 』黎明書房 1993年
  • 『人が人に教えるとは - 21世紀はあなたに変革を求める - 』医学書院、1995年
  • 『よみがえれ教師の魅力と迫力』玉川大学出版部、1999年
  • 『子どものなかに生きた人間を見よ - 教育低迷克服の道 - 』国土社、1999年
  • 『私はいつまで生きていていいのか』亜紀書房、2005年
『上田薫著作集』(全15巻)、黎明書房、1992年~1994年
  • 『(上田薫著作集1)知られざる教育 - 抽象への抵抗 - 』1992年
  • 『(上田薫著作集2)人間形成の論理』1993年
  • 『(上田薫著作集3)ずれによる創造 - 人間のための教育 - 』1992年
  • 『(上田薫著作集4)絶対からの自由 - 教育の根本問題 - 』1993年
  • 『(上田薫著作集5)個を育てる力』1994年
  • 『(上田薫著作集6)道徳教育論』1992年
  • 『(上田薫著作集7)哲学と人間(付・信州教育論)』1993年
  • 『(上田薫著作集8)戦後新教育の挑戦』1993年
  • 『(上田薫著作集9)系統主義とのたたかい』1993年
  • 『(上田薫著作集10)社会科と人間回復』1994年
  • 『(上田薫著作集11)林間抄』1992年
  • 『(上田薫著作集12)教師と授業・続林間抄』1993年
  • 『(上田薫著作集13)人間のための教育・社会科とその出発』1994年
  • 『(上田薫著作集14)教育は立ちなおれるか・層雲』1994年
  • 『(上田薫著作集15)教育をよみがえらせるもの』1994年
『上田薫社会科教育著作集』(全5巻)、明治図書出版、1978年
  • 『(上田薫社会科教育著作集1)』1978年
  • 『(上田薫社会科教育著作集2)人間形成論序説』1978年
  • 『(上田薫社会科教育著作集3)系統主義とのたたかい』1978年
  • 『(上田薫社会科教育著作集4)徳目主義との対決』1978年
  • 『(上田薫社会科教育著作集5)教育の革新と人間回復』1978年

脚注[編集]