上田重秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
上田重秀
時代 江戸時代前期
生誕 天正20年(1592年
死没 寛文元年(1661年
別名 主殿助
戒名 重秀寺殿穐林宗清大居士
墓所 東京都港区白金の重秀寺
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川家光
氏族 上田氏
父母 父:上田重安、母:杉原長房の娘
兄弟 重秀、重政、可勝
村井晴泰娘
堀秀嵩室、室賀正俊室、森可久室、
堀田一道室、
鈴木治郎左衛門(尾張徳川家臣)室
養子:重則(堀秀嵩の子)

上田 重秀(うえだ しげひで)は、江戸時代前期の旗本

父・上田重安関ヶ原の戦いで西軍に属して除封された後、縁戚の浅野幸長に仕え、大坂の陣において浅野長晟配下として従軍、戦功を挙げた。重安は浅野家に家老として仕えていたため、重秀は江戸幕府に浅野家の人質として留め置かれた。

徳川将軍家より父・重安に江戸へ直臣として出仕するよう命が下ったが、代わりに嫡子である重秀が寛永9年(1632年)に父の戦功により旗本として幕府に召し出された。当初は蔵米であったが、寛永12年(1635年)、近江国野洲郡内8村、5000石を拝領。野洲郡服部村(現・守山市服部町)に平城造の服部陣屋服部城)を築き、家老を派遣し領内を治めた。

寛永14年(1637年)、島原の乱に従軍。寛文元年(1661年)、70歳で病没。

家督は堀秀嵩に嫁いだ娘のもうけた子・重則が継いだ。子孫は幕府の上級旗本として続いた。

参考文献[編集]

旗本上田氏を語る