上町 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上町
大阪府立中央聴覚支援学校
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 大阪府
市町村 大阪市
中央区
人口
2015年(平成27年)10月1日現在)
 • 合計 2,786人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
540-0005

上町(うえまち)は、大阪府大阪市中央区町名。現行行政地名は上町一丁目及び上町A・上町B・上町C。2015年10月1日現在の人口は2,786人、世帯数は1,582世帯[1]郵便番号は〒540-0005。

地理[編集]

西は内久宝寺町龍造寺町安堂寺町、北は法円坂、東は玉造、南は天王寺区上本町・清水谷町にそれぞれ接する。

歴史[編集]

江戸時代には久宝寺橋通から安堂寺橋通やや北側の上町筋沿い(後述のアルファベット符号の街区)が上本町3丁目だった。久宝寺橋通以北にあった上本町1 - 2丁目が1871年明治4年)に兵部省の所管となって消滅したため、翌1872年(明治5年)に上本町3丁目が上本町1丁目に改められた。1944年昭和19年)に上本町1丁目から改称して上町という町名が誕生した。1979年(昭和54年)に上町筋沿い以外の箇所を上町1丁目として編入し、現在の町域となった。

上町筋沿い以外の箇所は広小路と通称された地で、大坂城代の屋敷地を取り囲むように北縁に上堺町・紀伊国町、東縁に菱屋町・仁右衛門町、南縁付近に撞木町・上清水町・山家屋町といった町があった。1872年(明治5年)に内久宝寺町1丁目・紀伊国町・仁右衛門町・東雲町通3丁目・内安堂寺橋通1丁目に改編。翌1873年(明治6年)に広小路の西半(千人引・十三小路・北清水谷)に広小路町の町名が誕生し、紀伊国町・仁右衛門町・東雲町通3丁目は大坂市街から切り離されて東成郡西玉造村(のち玉造町)となった。広小路の東半(寺山)は城代屋敷破却後は全域が西成郡吉右衛門肝煎地(のち清堀村。東成郡へ転属)となった。1897年(明治30年)の大阪市第一次市域拡張により、玉造町・清堀村とも大阪市へ編入され、1900年(明治33年)に紀伊国町・仁右衛門町・東雲町3丁目・寺山町の町名となった。

当初は内安堂寺橋通1丁目(もと山家屋町)のみ南区、他は東区に所属していたが、1943年(昭和18年)に内安堂寺橋通1丁目も東区へ転属となった。

アルファベットの街区符号の由来[編集]

元々は旧南区に上町という町名が存在していたが、旧南区上町に隣接する旧東区の東雲町などの町名が1979年に統合し、旧東区上町一丁目が誕生する。しかし、1989年平成元年)に南区と東区が統合し中央区が誕生した際に、大阪市の町名のルールでは、大阪城により近い旧東区側が上町一丁目、旧南区側を上町二丁目とすることになってしまうため、旧東区上町一丁目より歴史の古い旧南区上町の住民の反対により、旧東区側を中央区上町一丁目、旧南区側を中央区上町A・上町B・上町Cとした。

尚、総務省住民制度課によるとアルファベットを街区符号に使うところは他地域では確認できておらず、上町のみに使用されていると思われる[2]

施設[編集]

教育機関[編集]

公園[編集]

社寺[編集]

企業[編集]

かつて存在した施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

主要地方道

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中央区 人口
  2. ^ 大阪市の住所表記になぜ「ABC」”. 日本経済新聞. 2018年9月21日閲覧。