上覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

上覚(じょうかく、久安3年(1147年) - 嘉禄2年(1226年)10月)は、平安時代後期から鎌倉時代前期にかけての真言宗。法名は上学・浄覚ともかく。諱は行慈。号は西山隠士。父は湯浅宗重で、明恵(高弁)の叔父にあたる。

天台座主慈円関白藤原忠通の子)が著した歴史書「愚管抄」五によると、1159年平治元年)平治の乱がおきた時には、父宗重とともに平清盛に加勢したという。出家したのはその後と見られている。文覚に師事し、文覚の神護寺復興に協力し、文覚の死後も神護寺の経営に力を尽くした。甥にあたる明恵は上覚に師事して出家し、神護寺に入寺している。

歌にも秀で、歌学書に「和歌色葉」、私撰集に「玄宝集」がある。