上越市立水族博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上越市立水族博物館 うみがたり
JOETSU AQUARIUM
Joetsu Aquarium Umigatari.jpg
施設情報
正式名称 上越市立水族博物館
愛称 うみがたり
前身 直江津市立水族博物館
事業主体 上越市
管理運営 株式会社横浜八景島[1]
面積 約8,439.61平方メートル[2]
頭数 約45,000点[2]
種数 約300種[2]
水槽総容量 3,117立方メートル[2]
来園者数 50万人(2018年10月時点)
主な飼育動物 マゼランペンギン ハンドウイルカ シロイルカ など
開館 2018年6月26日
所在地 942-0081
新潟県上越市五智2丁目15-15
位置 北緯37度10分24.6秒 東経138度13分58.7秒 / 北緯37.173500度 東経138.232972度 / 37.173500; 138.232972座標: 北緯37度10分24.6秒 東経138度13分58.7秒 / 北緯37.173500度 東経138.232972度 / 37.173500; 138.232972
アクセス アクセスを参照。
公式サイト 上越市立水族博物館 うみがたり
テンプレートを表示

上越市立水族博物館(じょうえつしりつすいぞくはくぶつかん)は、新潟県上越市五智に所在する市営水族館である。起源は1934年に遡るが、2018年6月に「うみがたり」という愛称でリニューアルオープンした。

概要[編集]

(旧)直江津市中心部に程近い日本海沿岸に位置する当館の起源は1934年の私立水族館開館に遡る。1953年に博物館となり、1954年に市営に移管された。

2018年に「うみがたり」の名のもとでリニューアルオープンした現在は約300種・45,000点の水棲生物を飼育している。[3]

館内の「マゼランペンギンミュージアム」マゼランペンギンでは世界最多の飼育数の約120羽(これまで日本国内最多とされており、建て替えに伴い調査したところ世界最多であることが分かった。)[4]が暮らしており、来館者による餌やり体験のサービスも実施されている。また日本で5館目となるシロイルカも展示されており、通年でハンドウイルカによるパフォーマンスも開催されている。

2015年(平城27年)4月1日に指定管理制度を導入し、「株式会社 横浜八景島」を指定管理者とする体制に移行した[1]のち、2018年6月26日に6代目となる新施設がオープンした。

現水族館(うみがたり)建設の経緯[編集]

旧施設は1980年(昭和55年)に竣工したもので老朽化が著しく、必要に応じて改修・修繕しながら供用を継続していた。上越市では2006年(平成18年)に「新水族博物館整備検討委員会」を発足させて改築を検討したものの、翌2007年(平成19年)に当時の財政見直しから整備を見合わせることとなり、計画は一旦凍結された。なお同年発生した新潟県中越沖地震では大水槽「マリンジャンボ」が破損する被害があり、修復工事が行われた。

しかし、旧施設は、耐震基準を充足していない上に大規模な改修も行われておらず、2015年(平成27年)春には北陸新幹線の開通を控え、集客効果を考慮する必要から、2011年(平成23年)11月から再度検討作業を開始し[5]、計画を進めることとなった。

  • 2016年6月、新水族館の建設着工
  • 2017年5月14日、旧水族館は建て替えに伴い営業終了
  • 2018年6月、工事完了
  • 2018年6月26日、グランドオープン。地上3階建ての鉄筋コンクリート(一部鉄骨)造[2]

ギャラリー[編集]

歴史[編集]

現在の水族館は6代目にあたり、初代から一貫して直江津地区に所在していた。

沿革[編集]

  • 1934年昭和9年) - 瀧栄六郎氏により、直江津の八坂神社前(西本町4丁目)に私立の水族館が設置される(初代)[6]
  • 1936年(昭和10年) - 五智国分寺の北側(五智4丁目)に移転(2代目)[6]
  • 1943年(昭和18年) - 太平洋戦争の影響で閉館[6]
  • 1949年(昭和24年) - 中田松三氏が本砂山(中央4丁目)に個人経営の水族館を開館(3代目)[6]
  • 1951年(昭和26年) - 『財団法人直江津水族館』と改称[6]
  • 1953年(昭和28年) - 博物館として登録され、『直江津水族博物館』と改称[6]
  • 1954年(昭和29年)7月 - 上越市の前身である直江津市(当時)に移管され、『直江津市立水族博物館』と改称[6]
  • 1957年(昭和32年) - 海浜公園内(西本町4丁目17-28)に移転(4代目)[6]。延床面積は626.91平方メートル[7]
  • 1971年(昭和46年)4月29日 - 市町村合併による直江津市の廃止に伴い上越市に承継される[6]
  • 1980年(昭和55年)7月 - 現在の所在地付近(西本町4丁目19-27)に移転する(5代目)[6]。敷地面積21,287.49平方メートル、本館(地下1階、地上2階建て)延床面積4,698.63平方メートル[8]
  • 1993年平成5年) - 改築・増築(ペンギンランド・マリンスタジアム・マリンジャンボなど)
  • 2010年(平成22年)3月 - 改築(ペンギンランド・アザラシプール・マリンスタジアム・全館外壁など)
  • 2015年(平成27年)4月1日 - 指定管理制度を導入し、「株式会社横浜八景島」を指定管理者とする体制に移行する[1]
  • 2016年(平成28年)6月5日 - 新水族館の建設に着工する。
  • 2017年(平成29年)5月14日 - 5代目水族館での営業を終了し、解体作業を開始する。
  • 2018年(平成30年)6月26日 - 上越市立水族博物館「うみがたり」としてグランドオープンする。

展示生物[編集]

  • 2019年5月18日 - 腹部のみが白いナマコの展示を開始。糸魚川市の漁師が捕獲したもので、過去に全身が白いナマコの展示は行われたが、体の一部分が白いものは初めて[9]
  • 2019年6月18日 - 「うみがたり大水槽」にてマンボウの生体展示を開始。相模湾の定置網に入ったもので、体長約1m、重さ50kg。生きたマンボウの展示は博物館の歴史を通して初。同年7月10日に死亡するまで展示されていた[10][11]

夏季特別展「イルカショー」[編集]

  • 2000年 - ハンドウイルカ「シンディー(メス)」、「シェリル(メス)」 (江の島水族館
  • 2001年 - ハンドウイルカ「シェリル(メス)」 、「シャドウ(メス)」 (江の島水族館)
  • 2002年 - ハンドウイルカ「シェリル(メス)」、「シャドウ(メス)」 (江の島水族館)
  • 2003年 - ハンドウイルカ「スー(メス)」、「シャドウ(メス)」 (江の島水族館)
  • 2004年 - ハンドウイルカ「パル(オス)」 、「シャドウ(メス)」 (新江ノ島水族館
  • 2005年 - ハンドウイルカ「パル(オス)」 、「シャドウ(メス)」 (新江ノ島水族館)
  • 2006年 - ハンドウイルカ「ルイ(メス)」、「ハッピー(オス)」 (新江ノ島水族館)
  • 2007年 - ハンドウイルカ「パル(オス)」、「ハッピー(オス)」 (新江ノ島水族館)
  • 2008年 - ハンドウイルカ「サーフ(オス)」 (下田海中水族館
  • 2009年 - ハンドウイルカ「スダチ(メス)」、「カボス(メス)」 (伊豆・三津シーパラダイス
  • 2010年7月17日 - 8月22日 - ハンドウイルカ「5 → アイ(メス)」、「6 → エツ(メス)」(伊豆・三津シーパラダイス)
    • 上越市立水族博物館にて一般公募を行い愛称を命名。[12]
  • 2011年7月16日 - 8月21日 - ハンドウイルカ「アイ(メス)」、「エツ(メス)」 (伊豆・三津シーパラダイス)
  • 2012年7月14日 - 8月19日 - ハンドウイルカ「アイ(メス)」、「エツ(メス)」 (伊豆・三津シーパラダイス)
  • 2018年6月26日 - バンドウイルカ「アーチ(オス)」「メイビス(メス)」「サシャ(メス)」「アルク(メス)」の通年の飼育により、以降のパフォーマンスは通年実施となる。
  • 2018年7月13日 - バンドウイルカ「サシャ(メス)」が急死したため、以降は3頭でのパフォーマンスとなる[13]。死因は感染性肺炎による敗血症[14]
  • 2018年11月1日 - パフォーマンス内容を水中での演目に変更。タイトルは「アート・オブ・ドルフィン」[15]
  • 2019年3月10日 - バンドウイルカ「アルク(メス)」が死亡。昨年12月中旬から体調不良が続き、パフォーマンスの出演を見合わせていた[16]
  • 2019年7月13日 - 夏季限定のプログラム「Splash of Dolphin」をスタート[17][18]

代表的な飼育動物[編集]

最年長のジョーが「立つアザラシ」としてテレビなどで紹介されていた。
2018年6月28日現在、118羽を飼育。この種の飼育数では世界一(2018年6月現在)。繁殖も盛んで、近年では東京スカイツリータウンすみだ水族館に10羽を提供した。[19]
指定管理先の株式会社横浜八景島から移送した4頭のハンドウイルカ。

開館時間[編集]

  • 休館日:なし
  • 開館時間:平日9時00分 - 19時00分、休日8時00分 - 19時00分

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 浅見茂晴(2015年4月2日). “上越市立水族博物館:新しい指定管理、ペンギンが応援式”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ a b c d e 『上越市立水族博物館のあゆみ』(2018年3月、上越市 企画制作部水族博物館整備課発行)10ページ。
  3. ^ 上越市立水族博物館「うみがたり」が本格オープン”. 朝日新聞デジタル (2018年6月27日). 2018年7月21日閲覧。
  4. ^ 新水族博物館「うみがたり」は6月26日オープン 日本一から世界一に”. 上越タウンジャーナル (2018年4月11日). 2018年7月5日閲覧。
  5. ^ 新水族博物館整備に係る庁内検討委員会 報告書 (PDF)”. 上越市(平成23年第5回市議会定例会資料). 2018年7月5日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j 『上越市立水族博物館のあゆみ』(2018年3月、上越市 企画制作部水族博物館整備課発行)2ページ、「上越市における 水族館の歴史」より。
  7. ^ 『上越市立水族博物館 館報』(1991年3月31日、上越市立水族博物館発行)75ページ。
  8. ^ 『上越市立水族博物館 館報』(1991年3月31日、上越市立水族博物館発行)2ページ。
  9. ^ なぜか腹だけ真っ白 上越市立水族博物館うみがたりで珍しいナマコ展示”. 上越タウンジャーナル (2019年5月30日). 2019年7月14日閲覧。
  10. ^ マンボウを初めて生体展示 上越市立水族博物館うみがたり”. 上越タウンジャーナル (2019年6月30日). 2019年7月14日閲覧。
  11. ^ 上越市立水族博物館「うみがたり」のマンボウ死ぬ”. 上越タウンジャーナル (2019年7月10日). 2019年7月14日閲覧。
  12. ^ http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/13428.html[リンク切れ]
  13. ^ 先月オープンの「うみがたり」でイルカ1頭死ぬ ショーは当面3頭で”. 上越タウンジャーナル (2018年7月13日). 2018年7月14日閲覧。
  14. ^ 環境? ストレス? 「パフォーマンス実施は慎重に」イルカ2頭の死で上越市議会が市側に要請”. 上越タウンジャーナル (2019年3月14日). 2019年7月1日閲覧。
  15. ^ 冬は幻想的な水中パフォーマンス 上越市立水族博物館うみがたりがイルカショー一新”. 上越タウンジャーナル (2019年10月31日). 2019年7月1日閲覧。
  16. ^ うみがたりのバンドウイルカ「アルク」死ぬ 昨年に続き2頭目”. 上越タウンジャーナル (2019年3月11日). 2019年7月1日閲覧。
  17. ^ 上越市立水族博物館 うみがたり [@_umigatari_] (2019年7月13日). "上越市立水族博物館 うみがたりさんはTwitterを使っています: 「【うみがたり】 7月13日(土)より新ドルフィンパフォーマンスがスタート🐬✨ その名も『Splash of Dolphin』💦 イルカたちの躍動感あふれる泳ぎと豪快な水しぶきを爽快にお届け😉 さらに今年の夏は『上越ではじける最高の夏』を合言葉に様々なイベントを予定中🙌 今後もうみがたりを要チェック😘 t.co/dT4q2G33sj」 / Twitter" (ツイート). Retrieved 2019年7月14日 – via Twitter.
  18. ^ イルカの豪快な“水しぶき”でびしょ濡れ! 「うみがたり」で夏限定の新プログラム始まる”. 上越タウンジャーナル (2019年7月13日). 2019年7月14日閲覧。
  19. ^ 東京スカイツリーに引越し マゼランペンギン 上越から”. 上越タウンジャーナル (2012年2月27日). 2018年7月4日閲覧。