上郷岡原遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

上郷岡原遺跡(かみごうおかのはらいせき)は、群馬県吾妻郡東吾妻町三島地区にある遺跡。縄文時代から江戸時代までの複合遺跡である。八ツ場ダム建設に伴い、2001年から群馬県埋蔵文化財調査事業団による調査が開始され、2003年江戸時代の住居跡が検出された。2006年1783年浅間山噴火によって埋没した麻ガラ葺き小屋の壁面(長さ3.6m・高さ1.8m)が出土し、関係者の注目を集めた。遺跡のある東吾妻町岩島地区(旧岩島村)は、麻の産地として全国的に有名で、現在も栽培が行われている。2006年に発見された麻ガラ葺き小屋は、近くに構造の酷似した小屋が現存していたこともあって、日本の麻栽培のルーツ解明の大きな手がかりとして期待された。