上里はな子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上里はな子(うえさと はなこ、本名:上里英子(読み同じ)、1976年 - )は、愛知県豊橋市生まれのヴァイオリン奏者

プロフィール[編集]

2歳よりヴァイオリンを始め、史上二人目となる全日本学生音楽コンクール小中学生の部全国第1位(ならびに兎束賞)を成し遂げる。

桐朋女子高校音楽科に首席で入学、1995年ウィーン国立音楽大学に入学。安田生命クオリティ・オブ・ライフ文化財団から助成を受ける。

ウィーン国立音楽大学のソリストオーディションで優秀賞を獲得し、リサイタルを行う。また、ムジーク・フェライン(ウィーン楽友協会)での大学オケの演奏会にも度々出演している。

2001年に帰国し、東京、愛知、高知、熊本、沖縄など各地で数多くのリサイタルを開く。第7回・9回宮崎国際音楽祭に参加、数多くのオーケストラとの共演もしている。同年2010年より毎年ヒロシマミュージックフェスティバル(HIROSHIMA MUSIC FESTIVAL)に招かれ、室内楽を中心に後進の指導にあたる。

また、松本和将(ピアノ)、向井航(チェロ)とピアノトリオを結成し、これまでに大阪、神戸、広島、宇都宮など全国各地でコンサートを行っている。

クラシック以外でも、YUKIEvery Little ThingレミオロメンaikoASKA大塚愛甲斐よしひろ一青窈など、多くのアーティストのライブにツアーメンバーとして出演し、幅広いジャンルのレコーディングにも参加。テレビ番組にも数多く出演している。

ヴァイオリンを小林武史、小林健次、徳永二男、ゴールドベルク、ザハール・ブロンルッジェーロ・リッチ、ゲルハルト・シュルツに師事。室内楽をマイスル教授、フェルナンデス教授に師事。

受賞歴[編集]

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

  • 『Tiare』
  • 『Scherzando』
  • 『GIFT 幸せの贈りもの』

参加作品[編集]