上野俊樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上野 俊樹 (うえの としき、1942年9月30日 - 1999年5月5日[1])は、日本経済学者

経歴[編集]

大阪市西成区出身。大阪府立天王寺高等学校を経て、1968年早稲田大学第一政経学部卒業。1973年大阪市立大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学、立命館大学助教授、1983年教授[2]1992年「アルチュセールプーランツァス」で立命館大学経済学博士。膵臓癌にて死去(享年56)。没後名誉教授。子の上野虎介の名前は、蜷川虎三の「虎」と上野の師匠である見田石介の「介」をとって名づけられた。

研究分野は、イデオロギー論、現代資本主義論、国家論、民族理論など。早大時代は、堀口健治元早稲田大学副学長らと 平和と民主主義確立のため奮闘し、学館管理問題で一部過激派により政経学部長室が封鎖されたとき、解除した。

土曜会という学閥を形成し、立命館大学などから京都大学大阪市立大学などの大学院に弟子を進学させ、多くの大学教員の育成に貢献した。見田石介の弟子の一人であり、判読しにくい彼の原稿を読まされたり、彼の死判明の夜、棺桶の横で一夜を明かした。見田石介著作集編纂時に、その解説を、鈴木茂(哲学専攻)と分担執筆した。

著書[編集]

  • 『経済学とイデオロギー 経済学史の方法をめぐって』有斐閣 1982
  • 『アルチュセールとプーランツァス』新日本出版社 1991
  • 上野俊樹著作集』全5巻 文理閣、2002-03
第1巻 経済学とイデオロギー
第2巻 経済学の危機を超えて
第3巻 構造主義とマルクス主義 アルチュセールとプーランツァス
第4巻 社会科学の最前線へ 国家・民族・イデオロギー
第5巻 資本の生命力と矛盾 20世紀資本主義をこえて

共編著[編集]

  • 『現代の国家独占資本主義』鈴木健共編 大月書店 1987
  • 『現代資本主義をみる目』清野良栄共編 文理閣 1993

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『現代日本人名録』1987年