上野國一社八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上野國一社八幡宮
Kozuke no Kuni Issha Hachiman-gu.JPG
所在地 群馬県高崎市八幡町655
位置 北緯36度20分25.2秒
東経138度56分57秒
座標: 北緯36度20分25.2秒 東経138度56分57秒
主祭神 品陀和気命
息長足姫命
玉依姫命
社格 郷社
創建 天徳元年(957年
別名 八幡八幡宮、八幡の八幡様
地図
上野國一社八幡宮の位置(群馬県内)
上野國一社八幡宮
上野國一社八幡宮
テンプレートを表示

上野國一社八幡宮(こうずけのくにいっしゃはちまんぐう)は群馬県高崎市八幡町にある神社である。旧社格は郷社。元々は碓氷八幡宮板鼻八幡宮[1]と呼ばれていたと言われる。現在は一般的に八幡八幡宮(やわたはちまんぐう)と通称されるほか、「やわたのはちまんさま」と呼ばれている。

由緒[編集]

上野國一社八幡宮は、天徳元年(957年)に源頼信八幡荘石清水八幡宮勧請して創建されたという。その後、 源頼義義家父子や頼朝、さらには新田氏足利氏武田氏関東源氏一門の崇敬を受け、徳川幕府からは朱印地100石を寄進されていたという。主祭神は品陀和気命、併せて息長足姫命、玉依姫命が祭祀されている。

境内および社殿[編集]

境内敷地は約9,000坪。現在の社殿(隋身門、拝殿、本殿)は文化11年(1750年)ないし宝暦7年(1757年)の再建とされる。本殿は天地権現造り、境内社の天満宮は元本地堂、また同じく稲荷社は元宮である。

重要文化財[編集]

3面の算額が県の重要文化財に指定されており、その中には文化7年(1810年)と、群馬県内で最古のものも含まれる[2]。なお、平成の世に入っても算額の奉納を受け付けているが、例はほとんどないという[3]

境内社[編集]

境内には境内社が複数鎮座する。

  • 天満宮
  • 稲荷社

行事[編集]

年中行事は以下のとおり。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本歴史地名大系 群馬県の地名』(平凡社)「板鼻宿」項(P230)
  2. ^ 八幡八幡宮(やわたはちまんぐう)の算額(さんがく)”. 高崎市. 2015年6月9日閲覧。
  3. ^ 「算額を奉納すると言って高崎の八幡宮に行った」、『パズル通信ニコリ』121号、2008年12月、 76-77頁。

関連項目[編集]