上野季三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
上野季三郎.jpg

上野 季三郎(うえの すえさぶろう、1864年4月11日元治元年3月6日)- 1933年昭和8年)2月28日)は、日本外交官宮内官僚宮内大臣秘書官宮内省式部官大膳頭等を歴任した。

人物・経歴[編集]

出羽国秋田郡(現由利本荘市岩城)出身。亀田藩藩校長善館を経て、1887年高等商業学校(現一橋大学)卒業。在ドイツ公使館書記等を経て[1][2]、1897年香港二等領事[3][4][5]。1901年にサンフランシスコ領事に着任。在任中アメリカ合衆国での排日運動の高まりで日本人が公立学校への入学を拒否されるなどの事態が生じ、カリフォルニア州知事への抗議などを行い対応にあたった[6]。1907年シドニー総領事。1909年宮内大臣秘書官式部官[3]。1914年大膳寮勤務宮内事務官兼務。1917年大膳頭。1929年勲一等瑞宝章[7][8][9][10]。「上野季三郎外交関係文書」が国立公文書館アジア歴史資料センターに収蔵されている[5]

系譜[編集]

 
住友友純
 
住友友成
 
邦子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐佐木行美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐佐木高美
 
佐佐木行忠
 
 
串田孫一
 
 
串田和美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
米子
 
 
美枝子
 
 
串田光弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永田清
 
桂子
 
 
服部純一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
服部謙太郎
 
 
服部真二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
服部玄三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
服部禮次郎
 
服部譲二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
英子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鳩山太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
服部成三郎
 
鳩山邦夫
 
 
 
 
 
 
 
 
上野季三郎
 
 
加藤厚太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
華子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エミリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
富美子
 
J・K・ベアード
 
 
 
 
 
 
 
鳩山二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高見理沙
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋正二郎
 
石橋幹一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石橋寛
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美智子
 
 
朗子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團名保紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團伊能
 
 
團伊玖磨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團紀彦
 
遥香
 
 
 
 
 
 
 
 
スミ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知恵子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團琢磨
 
 
小倉房蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小倉重勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芳子
 
 
めい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
齊藤了英
 
齊藤公紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
牧田環
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
團勝磨
 
まりな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金子武麿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金子堅太郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キヨ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なか
 
川崎肇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二代目川崎八右衛門
 
川崎守之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

  1. ^ 上野 季三郎(読み)ウエノ スエサブロウ20世紀日本人名事典
  2. ^ 「人・その思想と生涯(37)」あきた(通巻84号) 1969年(昭和44年) 5月1日発行
  3. ^ a b 上野季三郞 (男性)人事興信録データベース第4版 [大正4(1915)年1月](名古屋大学大学院法学研究科
  4. ^ 「在香港領事館」国立公文書館
  5. ^ a b アジア歴史関係の所蔵資料東京大学社会科学研究所図書館
  6. ^ サンフランシスコ金門学園を通して見えてくる日系人コミュニティー 村上 和賀子/中央大学総合政策学部教授読売新聞
  7. ^ 大膳頭上野季三郎叙勲ノ件アジア歴史資料センター
  8. ^ 「上野季三郎(読み)うえの すえさぶろう」デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  9. ^ 「上野 季三郎」徳富蘇峰記念館
  10. ^ 「・AZABU - 」港区
  11. ^ 「川は流れる(7)」 あきた(通巻58号) 1967年(昭和42年)3月1日発行 -全64ページ-
  12. ^ 「人・その思想と生涯(37)」 あきた(通巻84号) 1969年(昭和44年) 5月1日発行
  13. ^ 竹内正浩『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 明治・大正篇』実業之日本社