上野愛咲美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 上野愛咲美 女流棋聖 扇興杯
名前 上野愛咲美
生年月日 (2001-10-26) 2001年10月26日(19歳)
出身地 東京都中野区
所属 日本棋院東京本院
師匠 藤澤一就
在位中タイトル 女流棋聖 扇興杯
段位 四段
概要
タイトル獲得合計 5
テンプレートを表示

上野 愛咲美(うえの あさみ、2001年平成13年)10月26日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士四段東京都中野区出身[1]藤澤一就八段門下。N高等学校卒業[2][3]

女流棋士として史上初の全棋士出場の一般棋戦の決勝進出者(竜星戦準優勝[4])、歴代最年少(16歳3か月)で女流棋聖を獲得するなどの業績がある。

囲碁棋士の上野梨紗は実妹。

経歴[編集]

宮崎県宮崎市に住むアマ有段者の祖父から勧められたのをきっかけに、4歳で囲碁を始める[5]。その後、5歳のときから後に師匠となる藤澤一就が主宰する新宿こども囲碁教室に通い出す[5]。教室でも頭角を現し、小学2年生時に日本棋院東京本院の院生となる[5]

2016年女流棋士採用試験を8勝1敗の成績で突破し、4月に14歳で入段[6][7]

2018年1月、第21期女流棋聖戦で挑戦手合に進出し、5連覇を達成していた謝依旻を2勝0敗で下し、自身初タイトルを獲得[8]。16歳3か月での女流棋聖獲得は史上最年少で、女流棋戦全体でも藤沢里菜の第1回会津中央病院杯優勝(2014年、15歳9か月)に次ぐ二番目の年少記録である[9]。これらの活躍により、第52回棋道賞新人賞を受賞[10]

2019年1月、第22期女流棋聖戦の挑戦手合三番勝負でも、挑戦者藤沢里菜を相手に連勝して防衛を果たした[11]。2019年4月には、実妹の上野梨紗が12歳9か月の若さで入段[12]

また、2019年の第28期竜星戦では、本戦で4連勝を記録し決勝トーナメントに進出[13]。決勝トーナメントでは、高尾紳路九段・村川大介十段・許家元八段と強豪を次々と撃破し決勝戦に進出[13][14]。女流棋士が公式戦で七大タイトル保持者に勝利したのは2002年に第50回NHK杯小林泉美女流本因坊が羽根直樹天元を破って以来で、全棋士に出場資格のある棋戦での女流棋士の過去最高成績(ベスト8[注 1] )も大きく更新した[16]。9月16日、勝ち星対象棋戦通算40勝により三段に昇段[17]。9月23日の竜星戦決勝戦では一力遼竜星と対戦。一時は検討していた棋士により上野の勝利が確実であるという声も上がったというが[18]、殺したかに思えた一力の大石に欠け眼生きによる生還を許し[19]、敗退。日本囲碁界史上初の一般棋戦における女流棋士の優勝はならなかったが、史上最高記録となる準優勝に輝いた[14]

同2019年11月、第38期女流本因坊戦の挑戦手合五番勝負では、藤沢里菜女流本因坊を3勝1敗で破り自身初の女流本因坊位を獲得[20]。2019年の通算成績は44勝25敗で、前年の2018年に藤沢里菜が挙げた43勝(23敗)を上回り、日本棋院の女流棋士の年間最多勝記録を更新した[21]

2020年2月、第23期女流棋聖戦の挑戦手合三番勝負で挑戦者鈴木歩七段に1勝2敗で敗れ失冠し[22]、一冠に後退するも、同年9月の第5回扇興杯女流囲碁最強戦決勝で謝依旻六段を破り優勝し二冠に復す[23]。ネット対局で行なわれた第3回呉清源杯世界女子囲碁選手権2回戦では、女流で世界最強クラスの崔精九段に白番1目半勝ちする金星を挙げたが、準々決勝で王晨星五段に敗れた[24]。同年11月、第39期女流本因坊戦の挑戦手合五番勝負で藤沢里菜女流名人に2勝3敗で敗れ再び一冠に後退した[25]。12月には第47期天元戦予選A決勝で秋山次郎九段に勝利し、自身初、女性では11人目の七大タイトル戦本戦出場を決めた[26]

2021年2月に行われた天元戦本戦1回戦では柳時熏九段に敗れ、女性で2人目となる七大タイトル戦の本戦勝利はならなかった[27]。同月、第24期女流棋聖戦の挑戦手合三番勝負で鈴木歩女流棋聖を2勝1敗で破り二冠に復す[28]

人物・エピソード[編集]

  • 相手の大石を容赦なく仕留める攻撃的な棋風で知られ、「ハンマーを振り回すような碁」と称される[29]。早碁は得意であると語っており、準優勝した竜星戦も早碁棋戦である[15]
  • 竜星戦は通常「囲碁・将棋チャンネル」にて事前に収録された対局が放送されるが、第28期では上野の準決勝進出という快挙を受けて、準決勝並びに決勝戦は異例の生放送で対局が行われた[30]。対局は午後8時からと通常より遅い時間から開始され、頭が回らないと感じた上野は決勝戦前には妹の梨紗と鬼ごっこをして体を動かしたという[30]
    この竜星戦での活躍を受け、2019年10月11日には日本記者クラブで記者会見を行った。女流棋士の同クラブでの会見は囲碁・将棋を通じて初であり、また17歳での会見は、女子プロゴルファー渋野日向子の20歳(当時)を上回り記者クラブ史上最年少となった[31]

棋歴[編集]

獲得タイトル[編集]

良績[編集]

受賞歴[編集]

昇段履歴[編集]

  • 2016年4月 入段
  • 2018年1月1日 二段(2017年の賞金ランキングによる)[33]
  • 2019年9月16日 三段(勝数規定)[17]
  • 2021年1月1日 四段(2020年の賞金ランキングによる)[34]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年に謝依旻がNHK杯で、2012年に向井千瑛が同じくNHK杯で、2018年に藤沢里菜が竜星戦で、それぞれベスト8に進出している[15]

出典[編集]

  1. ^ 【中野人インタビュー】プロ囲碁棋士 上野愛咲美さん、上野梨紗さん”. 中野区公式観光サイト まるっと中野 (2021年1月6日). 2021年4月3日閲覧。
  2. ^ フィギュア紀平が学ぶN高 “頭脳スポーツ”で活躍する生徒も”. スポニチアネックス (2018年11月11日). 2020年8月10日閲覧。
  3. ^ N高から初の東大・京大合格者が誕生 ドワンゴ夏野社長は「進学校のよう」と手応え”. ITmedia NEWS (2020年3月19日). 2020年8月10日閲覧。
  4. ^ 囲碁の上野女流棋聖、一般棋戦で準V 女性で史上最高位”. 2019年9月24日閲覧。
  5. ^ a b c トップ棋士連破し決勝へ 17歳少女の「ほんわか旋風」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2019年9月23日). 2019年9月23日閲覧。
  6. ^ 平成28年度女流棋士(特別)採用試験本戦” (日本語). 日本棋院. 2019年4月15日閲覧。
  7. ^ 日本棋院. “平成28年度新入段者7名が決定”. 2018年2月5日閲覧。
  8. ^ 日本棋院. “第21期 ドコモ杯 女流棋聖戦”. 2018年2月5日閲覧。
  9. ^ 新女流棋聖に16歳上野二段 史上2番目の年少優勝/囲碁” (日本語). SANSPO.COM (2018年1月29日). 2019年4月15日閲覧。
  10. ^ a b 第52回棋道賞が決定”. 日本棋院 (2019年2月6日). 2019年9月23日閲覧。
  11. ^ “上野愛咲美女流棋聖が初防衛” (日本語). 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2019年1月28日). https://www.sankei.com/life/news/190128/lif1901280027-n1.html 2019年2月16日閲覧。 
  12. ^ “12歳上野梨紗さん、9歳菫さんに「負けないよう」” (日本語). ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年2月15日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201902150000483.html 2019年2月16日閲覧。 
  13. ^ a b 第28期 竜星戦”. 日本棋院. 2019年9月23日閲覧。
  14. ^ a b 囲碁の上野女流棋聖、一般棋戦で準V 女性で史上最高位:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2019年9月23日). 2019年9月23日閲覧。
  15. ^ a b 囲碁・竜星戦 17歳の上野女流棋聖 男女混合の一般棋戦で初Vなるか23日決勝”. 産経ニュース (2019年9月21日). 2019年9月23日閲覧。
  16. ^ 17歳上野が女性初の4強 囲碁、全棋士参加の竜星戦” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年9月23日閲覧。
  17. ^ a b 【昇段】上野愛咲美三段に昇段”. 日本棋院 (2019年9月17日). 2019年9月23日閲覧。
  18. ^ 朝日新聞囲碁取材班によるツイート”. @asahi_igo (2019年9月23日). 2019年9月23日閲覧。
  19. ^ 三村智保によるツイート”. @igomimu (2019年9月23日). 2019年9月23日閲覧。
  20. ^ 上野女流棋聖が女流本因坊奪取、最速2冠に”. 産経ニュース (2019年11月15日). 2019年11月16日閲覧。
  21. ^ 囲碁、上野が女性最多の44勝 藤沢の年間記録を更新”. 共同通信 (2019年12月26日). 2019年12月27日閲覧。
  22. ^ 初の女流棋聖奪取した36歳・鈴木七段 若手独占崩す”. 産経ニュース (2020年2月10日). 2021年4月3日閲覧。
  23. ^ “9月少女”上野女流本因坊が扇興杯Vで2冠”. 産経ニュース (2020年9月13日). 2021年4月3日閲覧。
  24. ^ 上野女流本因坊、世界最強の韓国棋士撃破 栄養補給「バナナはすごい」”. 産経ニュース (2020年9月28日). 2021年4月3日閲覧。
  25. ^ 大出公二 (2020年11月25日). “藤沢里菜が囲碁の女流本因坊に 上野愛咲美から奪還”. 朝日新聞デジタル. 2021年4月3日閲覧。
  26. ^ 囲碁・七大タイトル、上野が初の本戦入り”. 朝日新聞デジタル (2020年12月14日). 2021年4月3日閲覧。
  27. ^ 上野愛咲美扇興杯、囲碁本戦で対男性に勝利ならず”. 産経ニュース (2021年2月1日). 2021年4月3日閲覧。
  28. ^ 囲碁 上野、女流棋聖を奪還 “ハンマー”本領、逆境砕く”. 毎日新聞 (2021年2月21日). 2021年4月3日閲覧。
  29. ^ 相手を一発でつぶす 日本棋院の新人賞に 上野愛咲美(あさみ)さん(囲碁・女流棋聖)”. 東京新聞 TOKYO Web (2019年3月30日). 2019年9月23日閲覧。
  30. ^ a b 歴史的決勝前に“鬼ごっこ” 囲碁の上野女流棋聖が秘策明かす”. 産経ニュース (2019年10月21日). 2019年11月16日閲覧。
  31. ^ 17歳上野愛咲美棋聖が日本記者クラブで最年少会見”. nikkansports.com (2019年10月11日). 2019年11月16日閲覧。
  32. ^ 第53回棋道賞が決定”. 日本棋院 (2020年2月18日). 2021年4月3日閲覧。
  33. ^ 2017年賞金ランキング昇段者が決定” (日本語). 日本棋院 (2018年1月25日). 2019年4月15日閲覧。
  34. ^ 2020年賞金ランキング昇段が決定” (日本語). 日本棋院 (2021年1月8日). 2021年4月3日閲覧。