上野旬也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上野旬也
出生名 上野哲雄
別名 上野哲、清里卓矢
生誕 (1948-12-18) 1948年12月18日(69歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
学歴 日本大学芸術学部
音楽学科ピアノ専攻課3年中退
ジャンル ムード歌謡歌謡曲ラテン
職業 歌手ミュージシャン作曲家俳優
担当楽器 ピアノ
活動期間 1975年 -
レーベル

ロス・プリモス作品 (日本クラウン株式会社

上野旬也作品 2013年12月(株式会社フリーボード

上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタ

2016年10月(日本クラウン株式会社
事務所 有限会社ぽこあぽこ・クリエイション
共同作業者 上野 芳
公式サイト上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタ)
森聖二
Luis Miguel
ジミー・スミス
カーメン・キャバレロ
オスカー・ピーターソン

上野旬也(うえの しゅんや、本名:上野 哲雄1948年12月18日 - )は神奈川県横浜市出身の歌手ミュージシャン作曲家俳優血液型A型。身長172cm。

ロス・プリモスメンバー。

来歴[編集]

1975年、男性デュオ「サウンド・スペース」のボーカル兼ピアノとしてビクターレコードからアルバム『鏡の中の肖像』でデビュー。日本で初めて、シンセサイザーを使用したレコーディングで話題を呼ぶ。[要出典]編曲は佐藤允彦が手掛けた。

当初は上野 哲の芸名で活動。その後NHK教育うたって・ゴー』のピアノのお兄さんを経て、1978年、黒沢明とロス・プリモスへ加入、ロス・プリモスではサイドヴォーカル兼キーボード、サウンドアドバイザーとして森聖二の右腕になり31年間活動し支えた。

2008年自身が還暦となる年に、清里卓矢名義で作品を残している。

2009年10月18日にリーダーでメインヴォーカルの森聖二が心筋梗塞で亡くなり、その後半年間2代目メインヴォーカルを務めた。

2010年5月13日の北海道公演を最後に、音楽性・方向性の違いからロス・プリモスを脱退している。6月から、『ラブユー東京』の作曲者である中川博之と共に、ムード歌謡界の発展と育成の為に活動。11月、中川博之の愛弟子青山ひかると、年の差30歳の男性デュオノーチェ・アルバーナを結成。

2012年3月、作曲:中川博之、作詞:髙畠じゅん子 「東京の夜はムーチョ」を発売。

2013年4月、ノーチェ・アルバーナを解散し、5月からソロ活動を開始。12月25日、松森棚三 の『涙を残して』『愛の旅立ち』を新緑し、ソロ第一弾として発売。

2015年春から上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタを結成。銀座のライブハウスを中心に活動開始。

2016年10月、黒沢明とロス・プリモスデビュー50周年をオマージュして、誰もが口ずさめる名曲ばかり[要出典]をカバーしたアルバム「銀座Night倶楽部Vol.1」をリリース。

自身ではラテンにも力を入れており、Luis Miguelのカバー「ある恋の物語」「カーニバルの朝」を得意とする。

経歴[編集]

4歳からクラシックピアノを始める。父親の仕事柄転勤が多く、高校までに16回もの転校を余儀無くされる。そんな環境の中でもピアノを続ける事が出来たのは、何よりも音楽が好きでピアノが好きだった。思春期に出逢ったカーメン・キャバレロの繊細なピアノの音に感銘を受け、かなり影響された。高校時代は、ハモンドオルガンのジミー・スミスを聞き、クラシックでは教えないコードネームを独学で覚えた。そのお陰で、当時販売されたばかりのエレクトーンのデモストレーターを頼まれ、人前で演奏する事の素晴らしさを覚える。10代半ばで漠然と歌手と言うよりは、今で言うシンガーソングライターになる夢を持ちはじめていたと言う。

様々な文化が目まぐるしく変化していた1960年代。そんな時代背景の中、まずはクラシックピアノを極める為に音大入学。と、同時に学生運動勃発。長期の学校閉鎖。

「指が鈍らないように」と、軽い気持ちで始めたビッグバンドのエキストラだったが、そこでミュージシャンの血が騒ぎ出しどんどんのめり込んでしまう。結果、大学の教授に「アクセントの取り方が違う!!」と、指摘されながらも、ダンスホール・キャバレー・クラブと、あらゆるスタイルやジャンルの音楽を体に叩き込む日々。中でも『レイモンド・コンデ』率いるビッグバンドで学んだ技術は宝物だという。(このバンド出身のピアニストは、皆有名なJAZZピアニストになると言うジンクスがあった。)気が付けば学校に通うことを忘れJAZZやポピュラー音楽に没頭していた。当時の大卒初任給2万円の頃、10倍の収入になった。「好きな音楽の道で稼げるのなら」と、あっさり大学を中退してしまう。

1970年代に入り、高度成長期に突入。20代の上野は引く手数多のピアノマンになっていた。山口洋子の『クラブ姫』では、再デビュー直前の島津ゆたかと出逢い歌の上手さに衝撃を受けた。この頃になると、プレーヤーとしてだけではなく歌にも目覚め、色々な人の曲を聴き勉強した。最初は3曲しか無かったレパートリーを何千曲へと膨らまし、毎日80曲は歌っていたと言う。カラオケが無かった時代に、その演奏と歌がバックグラウンドミュージックとなっていた。一晩で銀座・赤坂・六本木と駆け巡り、演出を手伝いながら、世の中を観察していたと言う。

山口洋子が『ミニクラブ姫』をオープンする時の逸話がある。「銀座一のピアノマンを探して来い!!」の一声で、上野が探し出され、ここで幾つものドラマが生まれた。山口洋子が五木ひろしに書いた曲の中には、上野が初見で弾き語って録音した仮歌もある。(後にロス・プリモスへ加入し、森が歌う全ての歌の仮歌を上野が担当した。森は上野の歌を聴きイメージを膨らまし、レコーディングしていた。)山口洋子の著書の中に「最近の若いもんは、女か男か解らない…。ピンクのレースのスーツを着ている男子がいる。」と、書かれているのが上野である。サウンド・スペースデビューも、この店での出来事だった。 そして、森が独立する前の事務所社長の目に留まる。

上野は1年間断り続けていた。しかし、社長の熱烈なラブコールに根負けし、ロス・プリモス加入を決める。森は、上野の歌とピアノの腕に惚れ込んだと言う。

30代突入と共にロス・プリモスへ加入。 以降、31年間森と共に歌い奏でながら、森へ少しでも近づく為に、森の間と息使いを徹底的に体へ染み込ませた。その結果、ステージで唯一ソロを取る事を許され、絶対的な信頼感を得ていた。(ステージで上野が歌唱していた作品は『新潟ブルース』『信濃川慕情』『雨の銀座』『小雨のアムール』、楽曲提供した作品は『新宿ワルツ』『霧の灯台』・35周年記念曲『灯りの中で』は、森聖二が作詞を担当し上野が作曲した共同作品がある。)

31年間を振り返ると、生真面目な性格からか責任感の強さからか“無遅刻無欠勤”でスケジュールをこなしたのは、上野だけだった。

2013年5月、紆余曲折を経て元ロス・プリモス2代目ヴォーカル上野旬也として本格的にソロ活動を開始。

8月、上野東天紅サマーライブで、鶴岡雅義と東京ロマンチカとの共演をきっかけとなり、CD制作の話が浮上する。森の死後から見守っていた3大[要出典]ムードコーラスグループのヴォーカル(松平直樹・棚橋静雄・三條正人)と作曲家でもある鶴岡雅義の熱いエールで2012年12月25日『涙を残して』『愛の旅立ち』の新曲を発表する。

「レコーディング秘話」 この作品は、レコーディング直前に亡くなったロス・プリモス森に敬意を表して『ロス・プリモス森聖二追悼盤』というサブタイトルが付いていた。当時ロス・プリモスのメンバーだった上野は、コーラスとして参加していた。今回の録音に際し当時の譜面を見直したところ、森のうたうはずだった歌詞が目に入った。 ~君らしく 君らしく これからも君らしく 明るい笑顔絶やさぬように 生きて欲しいよ 君らしく~ まるで森から語りかけられている気がする事を、レコーディングスタジオにいた関係者に打ち明けたところ、森を知る全ての人達が涙した。そして上野自信今でもこの歌を唄うたびに胸が熱くなると言う。

2015年春から上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタを結成。銀座のライブハウスを中心に活動開始。

作曲家としての顔を持ち、ロス・プリモスを始め、瀬川瑛子・真咲よう子…etc.に楽曲提供している。近年は、叙情溢れる市町村の歌も残している。

私生活では、“ムード歌謡”の原点銀座で2003年7月~2011年5月まで、Bar『Ginzaロス・プリモス』を経営していた。

2011年3月11日の東日本大震災以降、人生観に変化が起こり知人の紹介で移転を決意する。

2011年7月11日から2014年12月まで東急池上線久が原駅・末広商店街の一角で、大人が楽しめる事をコンセプトにした カラオケCafé&Bar『Ginzaロス・プリモスSegundo』を営んでいた。

2015年1月から古巣の銀座に戻り、銀座の文化遺産ともいえる“ムード歌謡”の為に一念発起し、昔懐かしいナイトクラブを彷彿させ、大人が楽しめる空間を提供する為、「銀座Night倶楽部」と題したライブ活動を開始する。

作曲作品[編集]

歌手名 販売元 発売日 タイトル 作詞
サウンド・スペース ビクターレコード 1975年6月 風のバラード 滝野英治
ロス・プリモス 日本クラウン 1984年9月 新宿ワルツ 佐藤順英
日本クラウン 1998年8月 霧の灯台 志賀大介
日本クラウン 2003年7月 灯りの中で 森聖二、補作詞/上野旬也
瀬川瑛子 日本クラウン 2003年1月23日 東京はぐれ鳥 小関理樹 
真咲よう子 日本クラウン 1984年9月 札幌たずね人 水木れいじ
中山朋子 キングレコード 2002年9月25日 お母さん 横山弘、横山整子、補作詞/市川莞又
キングレコード 2002年9月25日 元気になって 岡田博子、補作詞/市川莞又
キングレコード 2004年11月26日 夢のふるさと 木下毅、補作詞/上野旬也
キングレコード 2004年11月26日 想い 木下毅、補作詞/上野旬也
愛川めぐみ キングレコード 2008年6月25日 下北旅情 木下毅、補作詞/市川莞又
キングレコード 2008年6月25日 神在月 市川莞又
清里卓矢 ミューテックスレコード 2008年6月20日 そして一人 愛里公
銀座太郎 2010年 銀座の恋のセレナーデ 銀座太郎
奈良海津子 クラウン徳間ミュージック 2016年 指宿へ Q太

歌唱作品[編集]

歌手名 販売元 発売日 タイトル 作詞・作曲・編曲
サウンド・スペース ビクターレコード 1975年9月25日 ファージョンの童話から 寺山修司佐藤允彦、佐藤允彦
三羽のかもめ 寺山修司、佐藤允彦、佐藤允彦
みだれ髪 寺山修司、佐藤允彦、佐藤允彦
汽笛を鳴らそうよ 寺山修司、佐藤允彦、佐藤允彦
コーヒーアローン 寺山修司、佐藤允彦、佐藤允彦
こうもり傘のサンバ 滝野英治、尼崎勝司、佐藤允彦
緑色の目の少女 寺山修司、佐藤允彦、佐藤允彦
海の絵 寺山修司、佐藤允彦、佐藤允彦
熱風 梅田一弘、ミキス・テオド・ラキス、佐藤允彦
風のバラード 滝野英治、上野哲、佐藤允彦
愛はきらいよ恋が好き 寺山修司、田中未知、佐藤允彦
夏の終わりに ホール・スズキ詞曲、佐藤允彦
清里卓矢 ミューテックスレコード 2008年6月 後生車 佐藤順英、相沢清、相沢清
旧友 佐藤順英、相沢清、相沢清
そして一人… 愛里公、上野旬也、上野旬也
東京はぐれ鳥 小関理樹、上野旬也、上野旬也
上野旬也 株式会社フリーボード 2013年12月25日 涙を残して 志賀大介鶴岡雅義、庄司龍
愛の旅立ち 志賀大介、鶴岡雅義、庄司龍

アルバム[編集]

「銀座Night倶楽部Vol.1」

歌手名 販売元 発売日 タイトル 作詞・作曲・編曲
上野旬也とロス・プリメーロ オルケスタ 日本クラウン 2016年10月5日
恋の銀座 星野哲郎、中川博之、上野旬也
誘蛾燈 髙畠じゅん子、中川博之、上野旬也
ラブユー東京パート2 星野哲郎、中川博之、上野旬也
たそがれの銀座 星野哲郎、中川博之、上野旬也
銀座の恋のセレナーデ 銀座太郎、上野旬也、吉井俊倫
東京の夜はムーチョ 髙畠じゅん子、中川博之、上野旬也
神戸で別れて 岡田憲和、尾田 悟、上野旬也
小雨のアムール 万里村ゆき子、米山正夫、上野旬也
別れるのになぜ 武田竜三、佐々木康雄、上野旬也
灯りの中で 森聖二、上野旬也、上野旬也
カーニバルの朝 アントニオ・マリア、ルイス・ボファン、上野旬也
ある恋の物語 カルロス・エレータ・アルマラン、上野旬也

出演[編集]