上野翔太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上野翔太郎
駒澤大学硬式野球部 副将
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市
生年月日 (1997-06-30) 1997年6月30日(21歳)
身長
体重
174 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

上野 翔太郎(うえの しょうたろう、1997年6月30日 - )は愛知県出身のアマチュア野球選手[1][2]。ポジションは投手

経歴[編集]

小学校1年生から野球を始め、高校はプロ野球選手を何人も輩出している名門校中京大中京高校に入学。1年時からベンチ入りし、高校3年の甲子園ではエースとして2完投の活躍でチームをベスト16に導いた。三回戦では中学時代の愛知西シニアのチームメイトで関東一高の鈴木大智との対戦も注目を集めた。鈴木とは駒大で再びチームメイトとなる。甲子園閉幕後に行われたU-18高校日本代表の世界大会では、18イニングを投げて無失点だった。

2015年のドラフト上位候補として進路が注目されたが、駒澤大学への進学を決断し、現在は硬式野球部に所属している。

選手としての特徴[編集]

非常にコントロールがよい投手であり、その制球力について江川卓は、「あのコントロールは中々ない、プロでも1年目から活躍できる」と、桑田真澄を引き合いに出して太鼓判を押した。

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボールを投げる。

最速144kmながら打者の手元で伸びるストレートを投げ、技巧派のようでいて「ストレートで空振りを取れる」ピッチャーであるとも称される。

脚注[編集]

  1. ^ 第419回 上野 翔太郎投手(中京大中京―駒澤大学) 「満身創痍の中でも快投ができたコンディショニング術」”. 高校野球ドットコム. 2017年3月14日閲覧。
  2. ^ 選手詳細”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 2017年3月14日閲覧。