上阪駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

上阪駅(こうざかえき)は、かつて滋賀県(現在の長浜市)の東海道本線旧線に設けられていた廃駅)である。

概要[編集]

長浜駅から大垣駅武豊駅に至る現在の東海道線が建設されたとき、1885年明治18年)の9ヶ月間だけ設けられていた鉄道駅である。営業期間が極端に短いことから、「幻の駅」としてよく取り上げられる。 廃線後は一時、馬車路線として機能していた。そのなごりで沿線には馬車をあしらった銘菓・馬車せんべい、饅頭などを販売する店も現存している。 駅跡はすでに道路の一部となっており、現存しない。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

官設鉄道
東海道本線(通称・長浜関ヶ原線)
春照駅 - 上阪駅 - 長浜駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

滋賀県道37号中山東上坂線 - 通称馬車道