下井草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 杉並区 > 下井草
下井草
—  町丁  —
下井草駅 南口(2012年4月)
下井草の位置(東京23区内)
下井草
下井草
下井草の位置
座標: 北緯35度43分24.74秒 東経139度37分30.92秒 / 北緯35.7235389度 東経139.6252556度 / 35.7235389; 139.6252556
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Suginami, Tokyo.svg 杉並区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 18,155人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 167-0022[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 杉並

下井草(しもいぐさ)は、東京都杉並区の地名。現行行政地名は下井草一丁目から五丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は167-0022[2]

地理[編集]

杉並区の北部に位置する。北を西武新宿線、西を環八通り、南を早稲田通り、東を中杉通りに囲まれた、東西に細長くやや東南方向に広がった四角形の北東部を切り欠いた形状の範囲にあたる。おおむね東南部を一丁目として、東から西へ二丁目から五丁目が並ぶ。北辺を走る西武新宿線を境として北は井草に隣接し、西は環八通りを境として上井草に、南は早稲田通りを境として清水本天沼、東南部では中杉通りを境として阿佐谷北に、それぞれ隣接する(いずれも同区)。北東部の「切り欠き」は中野区白鷺の一部である。地内東南部を西南から東北へ流れる妙正寺川は、一丁目と二丁目の境界となっている。地域の西部にはかつて妙正寺川支流の井草川が流れていたが、現在は暗渠化されている。主に住宅地として利用されている。 荻窪警察署の管轄内にあたる。

歴史[編集]

江戸時代[編集]

江戸時代多摩郡下井草村の流れを汲む地名である。下井草村は、江戸時代初期に井草村が上井草・下井草に分かれることで成立した。

ただし、江戸時代の「下井草村」の範囲は、現在の「下井草」の範囲とは異なっており、より広い範囲を指した。現在の下井草の大部分(二丁目から五丁目)に加え、清水、井草、上井草の東部(一丁目から二丁目)が、かつての下井草村である。現在の下井草一丁目は、江戸時代の天沼村の一部であった。

近代[編集]

1889年町村制施行により、上井草村・下井草村・上荻窪村・下荻窪村が合併し、東多摩郡井荻村となった(東多摩郡は1896年に豊多摩郡になる)。「井荻」は井草の井と荻窪の荻とを組み合わせたもので[4]、現在の井荻駅に名を残している。また、天沼村は杉並村に編入された。

1924年に杉並村、1926年に井荻村が、それぞれ町制を施行し、杉並町・井荻町となる。

1927年には川越鉄道村山線(現・西武新宿線)が開通し、下井草駅井荻駅が開業する。

1932年、豊多摩郡杉並町・井荻町は東京市に編入され、杉並区の一部となる。1963年、住居表示の実施により、従前の下井草町に向井町他の一部を合わせた区域を現行の下井草一丁目から五丁目とする。

旧町名[編集]

  • 下井草一丁目 - 向井町、(旧)天沼三丁目
  • 下井草二丁目 - 向井町、下井草町
  • 下井草三丁目 - 向井町、下井草町
  • 下井草四丁目 - 向井町、下井草町、中瀬町
  • 下井草五丁目 - 神戸町、住吉町

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
下井草一丁目 1,869世帯 3,311人
下井草二丁目 2,098世帯 4,094人
下井草三丁目 2,549世帯 4,665人
下井草四丁目 1,920世帯 3,635人
下井草五丁目 1,413世帯 2,450人
9,849世帯 18,155人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
下井草一丁目 全域 杉並区立杉並第九小学校 杉並区立東原中学校
下井草二丁目 全域 杉並区立桃井第五小学校
下井草三丁目 1~5番
13~18番
27~30番
37番
その他 杉並区立中瀬中学校
下井草四丁目 全域
下井草五丁目 全域

交通[編集]

当地域内には西武新宿線下井草駅(二丁目)と井荻駅(五丁目)がある。最寄駅は、地域東部では阿佐ケ谷駅鷺ノ宮駅、地域中部では下井草駅、地域西部では井荻駅となる。

施設[編集]

参考文献[編集]

  • 竹内誠編『東京の地名由来辞典』東京堂出版、2006年。ISBN 4490106858
  • 『日本歴史地名大系13 東京都の地名』(平凡社、2002年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 町丁別世帯数及び人口”. 杉並区 (2017年12月1日). 2017年12月26日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月26日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月26日閲覧。
  4. ^ 竹内誠編『東京の地名由来辞典』(東京堂出版)
  5. ^ 区立学校学区域一覧”. 杉並区 (2016年1月14日). 2017年12月26日閲覧。