下仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
下 仁 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム しも ひとし
ラテン文字 Hitoshi Shimo
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (跳躍)
種目 走幅跳
大学 横浜国立大学
生年月日 (1972-04-04) 1972年4月4日(48歳)
出身地 千葉県
身長 180cm
体重 70kg
成績
国内大会決勝 日本選手権
走幅跳:優勝 (1991年)
自己ベスト
走幅跳 8m10 (1991年)
三段跳 15m84 (2001年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

下 仁(しも ひとし、1972年4月4日 - )は日本の男子陸上競技選手。専門は走幅跳

人物[編集]

千葉県出身。父親の下哲も陸上競技選手で早稲田大学在籍時に日本陸上競技選手権大会で優勝している。

千葉県立船橋高等学校在学時の1990年日本陸上競技選手権大会の走幅跳で森長正樹に次ぐ2位となった。

高校卒業後は医学部入学を目指していたが、浪人[1]1991年、浪人の気晴らしとして出場した日本陸上競技選手権大会で8m10の日本記録タイ記録で優勝して東京で開催された1991年世界陸上競技選手権大会の代表に選ばれている。この記録は現在はU20日本歴代2位の記録になっている。

走幅跳で優秀な成績を収めたことからいくつかの大学からオファーがあったというが、医者を志していたためにそれらをオファーを断った[1]1992年横浜国立大学へと進学[2]学習塾を3つ経営しており、自身は医者になることはできなかったが、教え子が医者になって自身の代わりに夢を叶えたという[1]

2000年・2001年頃にはワールド航空サービスに所属し、日本陸上競技選手権大会などに三段跳の選手として出場していた[3]

現在は、世界マスターズ陸上競技選手権大会での現役復帰を目指し練習に励んでいる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 消えた天才 2019/04/21(日)18:30 の放送内容”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. p. 1. 2020年3月4日閲覧。
  2. ^ ナンバーワンの親子は? - データマン野口の陸上記録のアレコレ”. nikkansports.com (2011年6月14日). 2020年3月4日閲覧。
  3. ^ 競技者索引ページ2”. 陸上競技インフォメーションセンター. 2020年3月4日閲覧。