下出積与

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

下出積与(しもで せきよ、1918年4月20日[1]-1998年5月16日[1])は、日本の歴史学者。研究分野は宗教史。明治大学名誉教授。

来歴[編集]

石川県出身。大聖寺中学校、第四高等学校を卒業し、1941年東京帝国大学文学部国史学科卒業[2]1949年金沢大学法文学部助教授[3]、のち文学部教授。1968年、明治大学教授[1]となり、1989年定年退任、名誉教授。

1975年に「日本古代の神祇と道教」により東京大学から文学博士学位を授与される[4]道教神道などを研究した。 

著書[編集]

  • 木曽義仲 人物往来社 1966 (日本の武将)
  • 神仙思想 吉川弘文館 1968 (日本歴史叢書
  • 能登の塩 橋本確文堂 1968
  • 石川県の歴史 山川出版社 1970 (県史シリーズ
  • 道教 その行動と思想 評論社 1971 (日本人の行動と思想
  • 加賀金沢の金箔 北国出版社 1972
  • 日本古代の神祇と道教 吉川弘文館 1972 (日本宗教史研究叢書)
  • 道教と日本人 1975 (講談社現代新書)
  • 古代神仙思想の研究 吉川弘文館 1986.6
  • 古代日本の庶民と信仰 弘文堂 1988.5
  • 日本古代の仏教と神祇 吉川弘文館 1997.8
  • 日本古代の道教・陰陽道と神祇 吉川弘文館 1997.9
  • 白山の歴史 神と人とその時代 北國新聞社 1999.5

共編著[編集]

  • 佐渡本間遺文桜井家文書 瑞雲泉業 1966
  • 原典・日本思想史 笠原一男共編 評論社 1974
  • 日本史における民衆と宗教 山川出版社 1976
  • 日本における倫理と宗教 吉川弘文館 1980.5
  • 白山信仰 雄山閣出版 1986.5 (民衆宗教史叢書
  • 日本古代史論輯 桜楓社 1988.5
  • 日本宗教史論纂 桜楓社 1988.5
  • 日本の精神 そのプロブレマティークな系譜 圭室文雄共編 世界書院 1989.12
  • 講座神道 第1-2巻 圭室文雄共編 桜楓社 1991
  • 日本古代の人と文化 高科書店 1993.8

参考文献[編集]

  • 森田悌「下出積與氏の訃(学界消息)」、『日本歴史』第604号、吉川弘文館1998年、 141頁。
  • 圭室文雄「下出積與先生の御他界を悼む(追悼)」、『駿台史學』第109号、駿台史学会、2000年、 186-187頁。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 森田悌 1998
  2. ^ 東京帝国大学一覧 昭和16年』 東京帝国大学、1941年、612頁。 
  3. ^ 圭室文雄 2000
  4. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2018年4月15日閲覧。