下原八幡神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
下原八幡神社
Shimohara Hachiman Shrine1,Gifu,Gero City.JPG
所在地 岐阜県下呂市金山町中津原字佃
位置 北緯35度40分24.9秒
東経137度10分8.2秒
座標: 北緯35度40分24.9秒 東経137度10分8.2秒
主祭神 応神天皇
社格 旧郷社
創建 仁徳天皇65年
例祭 4月1日に近い土・日曜日
テンプレートを表示

下原八幡神社(しもはらはちまんじんじゃ)は、岐阜県下呂市金山町中津原にある神社である。

祭神[編集]

歴史[編集]

仁徳天皇の時代に創建されたと伝わる。当時、飛騨の地には大和朝廷に従わない、2つの顔と4本の手を持つ両面宿儺という怪物がいた。これを討伐するため難波根子建振熊命が道中、当地に来て宿り大岩に仮の斎場を設け武神(八幡神)を祀ったのが起源とされる。[1][2]この岩は「根子岩」と呼ばれ、現存する。


年表[編集]

摂末社[編集]

祭事[編集]

  • 例祭(4月1日に近い土日)
    • 花笠踊り(市指定無形民俗文化財)

宝物・文化財[編集]

その他[編集]

境内を横切る線路
境内を通るJR高山本線
  • 当神社は境内に、JR高山本線の線路が横断している。遮断機は無いため横断時は注意が必要である。

現地情報[編集]

所在地

  • 岐阜県下呂市金山町中津原字佃

交通アクセス

駐車場

  • 10台(無料)

脚注[編集]

  1. ^ 金山町誌編纂委員会 『金山町誌』 下呂市、1975年、979頁。
  2. ^ 下呂ナビ 下原八幡神社と根子岩
  3. ^ 熊崎善親、『飛騨国中神社編年史』飛騨郷土学会、1958年、40頁
  4. ^ a b c d e f g h i j k 指定の文化財一覧 (PDF)”. 下呂市. 2013年4月21日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]