下呂の田の神祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
下呂の田の神祭り
笠宿から下呂温泉合掌村へ練り歩く人々
下呂の田の神祭り
笠投げの櫓

下呂の田の神祭(げろのたのかみまつり)は、岐阜県下呂市森の、森水無八幡神社に伝わる祭りである。1981年昭和56年)1月21日重要無形民俗文化財に指定された。

創始年代は不明であるが、「田遊び」がその元となっているとされる豊作予祝祭である。明治初年までは1月14日に行われていたが、現在は2月7日から14日までの8日間に亘って祭事が行なわれる。圧巻は、花笠をかぶった踊り子たちが踊りを披露、会場に設けられたやぐらから一斉に観客にむかって花笠、だんご、小竹などを投げ入れ、奪い合いとなる場面である。その間に踊り子は、かぶったふところに納め、踊りながら祭場から出て行く。

この「下呂の田の神祭」の芸能は、昔の祭をそのまま現代に伝えるものであり、祭礼としてだけではなく貴重な文化遺産として保護・伝承して行く必要のあるものである。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度48分25.97秒 東経137度14分38.23秒 / 北緯35.8072139度 東経137.2439528度 / 35.8072139; 137.2439528