下大和橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

下大和橋(しもやまとばし)は、大阪市中央区道頓堀川に架けられた(道路橋)。大阪市中央区道頓堀1丁目と中央区島之内2丁目を結んでいる。道頓堀川の最上流に架かる橋梁である[1]

土木学会関西支部による「浪速の名橋50選」に選定されている[2]

概要[編集]

江戸時代、橋の周辺は舟宿街として賑わい、近松門左衛門の戯曲「生玉心中」の舞台ともなった[1]

このあたりには、大和橋と中橋の二橋が架かっていたが、宝暦年間に大和橋が廃され、道頓堀川にそそぐ東横堀川に、上大和橋が架けられたことにより、中橋が下大和橋となった[3]

架橋以来木橋であったが、1928年(昭和3年)に永久橋に置き換えられ、1987年(昭和62年)に現在の橋に架け替えられた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 下大和橋 - 大阪市役所
  2. ^ 浪速の名橋50選(改訂版) - CVV(シビル・ベテランズ&ボランティアズ)
  3. ^ [1]

座標: 北緯34度40分08秒 東経135度30分33秒 / 北緯34.66892度 東経135.50905度 / 34.66892; 135.50905 (下大和橋)