下座郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福岡県下座郡の位置

下座郡(げざぐん)は、福岡県筑前国)にあった

郡域[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、朝倉市の一部(矢野竹、屋形原、板屋、柿原、堤、来春、一木、平塚、中寒水、小隈より南東かつ矢野竹、荷原、城、三奈木、牛鶴、中島田、福光、鵜木、片延、長田より北西および美奈宜の杜の一部)にあたる。

歴史[編集]

かつては「しもつあさくらのこおり」と読んだ。

古代[編集]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
下座郡 3座(並大)
美奈宜神社 三座 ミナギノ 並名神大 (論)美奈宜神社 福岡県朝倉市荷原 [1]
(論)美奈宜神社 福岡県朝倉市林田
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
藩領 筑前福岡藩 32村 三奈木村、相窪村、荷原村、桑原村、田島村、小隈村、林田村、上畑村、鎌崎村、金丸村、鵜木村、四郎丸村、片延村、古江村、城村、坂井村、長田村、八重津村、倉園村、白鳥村、城力村、中村、矢野竹村、徳淵村、吉末村、中島田村、来春村、一木村、頓田村、古賀村、西津留村、櫨畑村
筑前秋月藩 10村 屋形原村、板屋村、柿原村、堤村、牛鶴村、小田村、中寒水村、屋永村、山見村、田代村
福岡藩・秋月藩 1村 平塚村[1]
  • 明治4年
  • 明治8年(1875年) - 櫨畑村が三奈木村に合併。(42村)
  • 明治11年(1878年11月1日 - 郡区町村編制法の福岡県での施行により、行政区画としての下座郡が発足。「上座下座夜須郡役所」が夜須郡甘木町に設置され、同郡・上座郡とともに管轄。
  • 明治14年(1881年) - 四郎丸村・古江村・坂井村・城力村が合併して福光村となる。(39村)
  • 明治15年(1882年) - 西津留村が牛鶴村に合併。(38村)
  • 明治16年(1883年) - 倉園村・吉末村が合併して倉吉村となる。(37村)
21.三奈木村 22.蜷城村 23.福田村(桃:朝倉市 1 - 11は上座郡 31 - 40は夜須郡)
  • 明治22年(1889年
    • 4月1日 - 町村制の施行により、以下の各村が発足。全域が現・朝倉市。(3村)
      • 三奈木村 ← 三奈木村、城村、荷原村、矢野竹村、屋形原村、板屋村
      • 蜷城村 ← 屋永村、桑原村、田島村、中島田村、牛鶴村、相窪村、林田村、上畑村、鎌崎村、金丸村、鵜木村、片延村、長田村、八重津村、中村、徳淵村、福光村
      • 福田村 ← 小田村、平塚村、小隈村、白鳥村、中寒水村、倉吉村、一木村、来春村、頓田村、古賀村、柿原村、堤村
      • 山見村・田代村が夜須郡上秋月村の一部となる。
    • 蜷城村の一部(屋永、牛鶴、桑原、田島、中島田)の区域をもって金川村が発足。
    • 蜷城村の一部(相窪)・福田村の一部(一木・頓田・古賀・堤・来春・柿原)が合併して立石村が発足。(5村)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「上座下座夜須郡役所」の管轄区域をもって朝倉郡が発足。同日下座郡廃止。

脚注[編集]

  1. ^ 平塚村(福岡藩領)・分郷平塚村(秋月藩領)に分かれて記載。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
朝座郡
行政区の変遷
- 1896年
次代:
朝倉郡