下手捻り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

下手捻り(したてひねり)とは、相撲決まり手の一つである。差手でを取り、その下手の方から相手を捻って倒す技。力を掛ける方向は投げなら内側であるが、この技は捻りなので外側に力を掛ける[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p77

関連項目[編集]