下村寿一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 下村寿一
  • 下村壽一
下村 寿一
Juichi Shimomura, current director of the Tokyo Women's Higher Normal School.jpg
誕生 (1884-07-31) 1884年7月31日
京都府与謝郡加悦町(現・与謝野町
死没 (1965-01-09) 1965年1月9日(80歳没)
職業 官吏教育者
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京帝国大学法科大学
代表作 『教育行政撮要』(1933年)
『聖戦完遂と女子教育』(1944年)
テンプレートを表示

下村 寿一(しもむら じゅいち、1884年明治17年)7月31日[1] - 1965年昭和40年)1月9日[2])は、日本文部官僚東京女子高等師範学校校長。女子学習院長

経歴[編集]

京都府与謝郡加悦町(現在の与謝野町)出身[1]1910年(明治43年)、東京帝国大学法科大学を卒業[1]山形県属、同警視富山県理事官東京府理事官を務めた[1]。その後、文部省参事官文部大臣秘書官に転じ、宗教局長、社会局長を歴任し、1929年(昭和4年)に退官した[1]1932年(昭和7年)に宗教局長として復帰し、1934年(昭和9年)に普通学務局長に転じた[3]1935年(昭和10年)より東京女子高等師範学校校長を務め[3]1945年には女子学習院長となった[2]

戦後は大日本女子社会教育会理事長、宗教法人審議会会長、文化財専門審議会副会長などを務めた[4]

著作[編集]

下村寿一
著書
  • 教育行政撮要岩波書店、1933年4月
  • 『現代教育学大系 原論篇第廿三巻 社会教化運動』 成美堂書店、1936年10月
  • 『岡田良平』 文教書院〈日本教育先哲叢書〉、1944年1月
  • 『聖戦完遂と女子教育』 日本経国社、1944年11月 / 日本図書センター〈近代日本女子教育文献集〉、1984年12月 / 2002年6月、ISBN 4820568892
編書
  • 『崇神天皇の御聖徳』 文松堂出版、1944年9月

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 大衆人事録 1930.
  2. ^ a b 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年。
  3. ^ a b 日本官界名鑑 1942.
  4. ^ 『20世紀日本人名事典』日外アソシエーツ、2004年。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 日本官界情報社編 『日本官界名鑑 昭和十七年版』 日本官界情報社、1942年

関連文献[編集]

  • 『弘道』第769号(故下村副会長追悼特集)、日本弘道会、1965年5月
  • 「下村寿一」(成田久四郎編著 『社会教育者事典』 日本図書センター、1983年9月 / 1989年9月増補版、ISBN 9784820552840)
  • 千野陽一 「下村寿一著『聖戦完遂と女子教育』」(中嶌邦監修 『近代日本女子教育文献集 第III期解説』 日本図書センター、1984年12月 / 2002年6月新装版、ISBN 4820568930)
    • 日本図書センター編 『近代日本女子教育文献集 第I〜III期解説集』 日本図書センター、2004年11月


公職
先代:
(新設)
日本の旗 宗教法人審議会会長
1952年 - 1965年
次代:
稲田清助