下村彌一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しもむら やいち
下村 彌一
生誕 (1897-08-16) 1897年8月16日
長崎県佐世保市
死没 (1990-04-06) 1990年4月6日(92歳没)
東京都中央区
死因 心不全
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都帝国大学
職業 実業家
活動期間 1925年 - 1990年
宗教 浄土真宗[1]
子供 坂本一亀(義子)
坂本龍一(孫)
テンプレートを表示

下村 彌一(しもむら・やいち、1897年明治30年)8月16日[1] - 1990年平成2年)4月6日)は、日本の実業家

人物[編集]

長崎県佐世保市出身。

1919年旧制第五高等学校文科甲類に入学し、1922年卒業[2]。旧制五高時代は第58代内閣総理大臣を務めた池田勇人、昭和時代の文部大臣大牟田市長を務めた荒木萬壽夫と同級生であったという[3]

旧制第五高等学校を経て京都帝国大学法科で学び、1925年共保生命保険(後に野村生命保険→東京生命保険)に入社[1]。同社では1947年に取締役となり、1952年に常務取締役兼契約部長に就任した[1]

その後に不二サッシに転じて副社長を務め、東亜航空社長を経て[4]、1971年に東亜航空日本国内航空の合併により創業した東亜国内航空(後に日本エアシステム)の初代会長に就任[5]。1年後の1972年、東亜国内航空の経営立て直しの為に社長に就任した[4]

下村は母校である旧制第五高等学校の寮歌である『武夫原頭(ぶふげんとう)に』をこよなく愛し、日本寮歌祭にも良く参加していたという[6]。晩年は旧制高校の教育や精神を今に活かすことを訴えて『日本の高等教育を考える会』の活動に参加していた[6]

1990年4月6日、心不全のために東京都中央区聖路加国際病院にてその生涯を終えた[7]。92歳没。

著書[編集]

  • 『わが師わが友』

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『昭和人名辞典』Ⅱ 413頁 日本図書センター 1993年刊
  2. ^ 五高の歴史~卒業生~ 熊本大学五高記念館
  3. ^ 池田元首相の写真を常設展示…熊本大学 くまもと経済 2013年11月28日
  4. ^ a b 『下村社長きまる 東亜国内航空』 讀賣新聞 1972年8月31日朝刊6面
  5. ^ JAL's History (JAS) 1952-2004 日本航空公式サイト
  6. ^ a b 【旧制高校 寮歌物語】(32)「剛毅木訥」五高のテーマソング 産経新聞 2013年3月17日
  7. ^ 『下村弥一氏』 朝日新聞 1990年4月7日朝刊 31面