下條アトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しもじょう あとむ
下條 アトム
本名 下絛 アトム
生年月日 (1946-11-26) 1946年11月26日(72歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 168 cm
血液型 O型
職業 俳優声優ナレーター
配偶者 あり
著名な家族 下條正巳(父)
田上嘉子(母)
主な作品
テレビドラマ
信子とおばあちゃん
徳川家康
仮面ライダー響鬼
映画
八つ墓村
バラエティー番組など
世界ウルルン滞在記
テンプレートを表示

下條 アトム(しもじょう アトム、本名:同じ、1946年11月26日 - )は、東京都出身の俳優声優ナレーター。同じく俳優の下條正巳を父に、元女優の田上嘉子を母に持つ。名前に含まれる「ジョウ」の表記において、細い枝を意味する 下 アトム を用いることが多いが、本名の正式な表記はさなだを意味する 下 アトム であり、こちらを用いられる場合がある[1]玉川学園高等部卒業[2]

人物[編集]

アトムという名前は本名であり、父・正巳が第二次世界大戦後間もなく生まれた息子を、将来は日本でもアメリカのように名前・苗字の順に呼ぶようになり[3]、ローマ字の順に名簿も作られるだろうと考え、ならばアルファベットのAで始まる名前なら最初に呼ばれるという理由で、さらに「今後の原子力は戦争ではなく発電など平和のために使われるはずである」という願いを込めて、原子を意味する英語atomから名付けた。

手塚治虫の漫画『鉄腕アトム』は下條アトムの命名より後に描かれたものであり、同名となったのは偶然の一致である。『鉄腕アトム』の連載当時、アトムという名の少年が実在することが話題となり、当時少年だった下條は手塚治虫と対面している[3]

また、ウランという名の女性が小学生時代の同級生におり、当時のテレビ番組『私の秘密』に2人で出演したこともある[3]。ともに現在の日本においても珍しい名前であり、これは非常にまれな出来事である。『今夜は最高!』にゲスト出演した時に『鉄腕アトム』のパロディでアトムを演じ[4]、最後に「これ一度やってみたかった」とつぶやいている。

俳優業の他に30代の頃から声優業も並行して行っており、声優としての代表作は『刑事スタスキー&ハッチ』のスタスキー役とフジテレビの『ゴールデン洋画劇場』のエディ・マーフィーの吹替。下條が声優業を始めた頃は声優業は役者側から軽視されてる物だったものの、下條は難しいながらも面白い物だと解釈し収録後に自身の演技に不満を持ち、表現力を極めようと精進したことが声優としてのキャリアに繋がったのではないかと回想し、2018年のインタビューでは『毎回いつも新人のようなつもりでやってるんですよ。いわゆる第一線級ではないですし、2軍でベンチをあっためているような気持ちですよ』と語っている[5]

ナレーターを務めた『世界ウルルン滞在記』は広く有名になり、モノマネをする人のほとんどは、「○○で出逢った」というモノマネを行う(最初の時は特徴ある口調ではなかったが、「リポーターやスタッフが大変な思いをしてやって来たその映像を視て、『頑張れ』という思いで感情移入するうちにこうなった」とのことで、結果的に12年間も務める事となった[6]。)。

2005年の『仮面ライダー響鬼』には、立花勢地郎役で出演。東京都葛飾区柴又にてきびだんごを名物とする甘味処を営み、“おやっさん”の愛称で慕われる役どころ[注釈 1]であったことから、出演のオファーを受けた際は戸惑いを感じていたという[注釈 2][7]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ふくろうと子猫ちゃん
  • ラブレター
  • とんでもない女

吹き替え[編集]

洋画・海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • min.jam 山手線デス・ゲーム(2005年) 21話 - 鉄腕アトム 役

インターネットドラマ[編集]

ナレーション[編集]

ラジオドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
9月5日 東芝EMI

Express

EP ETP-10049 A 黄昏はいつものあいさつ 下條アトム 設楽幸嗣
B たゆとう季節 小室等 設楽幸嗣
1975年9月 EP ETP-20157 A 青春熱寒 下條アトム さいとうあきひこ 中村二大
B 心ふたつ 下條アトム・赤城光 赤城光 島田敬穂
1979年 ビクター

ラジオシティレコード

EP RD-2005 A 俺と親父 喜多条忠 吉田拓郎 松任谷正隆 欽ちゃん劇場「とり舵いっぱ~い!」主題歌。
B さよならルージュ
2007年 CD 1 今、いちばんのありがとう 斉木良二 徳武弘文 小坂一也の1991年の楽曲のカバー。
2 DRAMA 下條アトム

アルバム[編集]

発売日 レーベル 規格 規格品番 アルバム
1976年 東芝EMI/Express LP ETP-72198 First Album この坂の途中で
1977年10月5日 東芝EMI/Express LP ETP-72275 アトムランド

A面

  1. 結婚讃歌
  2. ブルー・フェニックス
  3. 望郷の詩(作詞・作曲:谷村新司、編曲:ボブ佐久間)
  4. ねえ君
  5. 残暑
  6. 心のままに

B面

  1. 追憶
  2. ピノキオの手紙
  3. マイ・フレンド
  4. 風にゆれて
  5. ほんの少しでも

脚注[編集]

  1. ^ 父・正巳は、映画男はつらいよ』シリーズにおいて、葛飾柴又の帝釈天にある団子屋を営む“おいちゃん”の愛称で親しまれる男性を演じている。
  2. ^ オファーを受けたのは、父・正巳の没後、わずかな月日しかたっていない時期であったという。

出典[編集]

  1. ^ allcinema
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.546
  3. ^ a b c ‪下條アトム、『鉄腕アトム』より先に生まれた本名の由来。同級生に“あの名前”の女子も‬”. ‪テレ朝POST‬ (2018年9月21日). 2018年10月16日閲覧。
  4. ^ 週刊TVガイド 1985年4月20日号『今夜は最高!』番組紹介より。
  5. ^ https://search.yahoo.co.jp/amp/s/post.tv-asahi.co.jp/post-61401/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoAVgB
  6. ^ ナレーター・下條アトム、“ウルルン口調”「出会ったぁ~」の誕生秘話語る”. オリコン (2009年1月24日). 2015年1月20日閲覧。
  7. ^ DVD 仮面ライダー響鬼 第十一巻
  8. ^ 北野流ジジイ映画の作り方!「龍三」特典映像で下條アトムがナレーション”. 映画ナタリー (2015年8月18日). 2015年8月18日閲覧。