下條信輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

下條 信輔(しもじょう しんすけ、1955年4月1日 - )は東京都生まれの認知心理学者。カリフォルニア工科大学教授。実験心理学的な手法によって人間の認知過程(特に視覚)についての研究を行っている。 大学時代には第19次『新思潮』に参加し、小説を書いていた。

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1989年 東京大学教養学部助教授
  • 1997年 カリフォルニア工科大学准教授 (生物学・計算神経システム)
  • 1998年 同教授

受賞[編集]

著書[編集]

  • 『まなざしの誕生 赤ちゃん学革命』新曜社、1989
  • 『視覚の冒険: イリュージョンから認知科学へ』産業図書、1995
  • 『サブリミナル・マインド: 潜在的人間観のゆくえ』中公新書、1996
  • 『「意識」とは何だろうか 脳の来歴、知覚の錯誤』講談社現代新書、1999
  • 『サブリミナル・インパクト 情動と潜在認知の現代』ちくま新書、2008
  • 『ブラックボックス化する現代 変容する潜在認知』日本評論社、2017

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • G・バークリ『視覚新論』勁草書房、1990
  • B・リベット『 マインド・タイム 脳と意識の時間』岩波書店、2005