下段モータース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有限会社下段モータース
Shimodan Motors
種類 特例有限会社
略称 シモダンモータース
シモダンバス
本社所在地 日本の旗 日本
061-0218
北海道石狩郡当別町樺戸町1055-22
北緯43度12分46.88秒 東経141度31分30.9秒 / 北緯43.2130222度 東経141.525250度 / 43.2130222; 141.525250座標: 北緯43度12分46.88秒 東経141度31分30.9秒 / 北緯43.2130222度 東経141.525250度 / 43.2130222; 141.525250
設立 1955年(昭和30年)9月
業種 小売業
法人番号 1430002046369
事業内容 自動車整備業、一般旅客自動車運送事業、レンタカー事業、他
代表者 代表取締役 下段聡
資本金 3,000万円
従業員数 43名
外部リンク http://shimodan-motors.co.jp/
テンプレートを表示

有限会社下段モータース(しもだんモータース)は、北海道石狩郡当別町に本社を置く日本の企業。自動車整備業を中心として、自動車に関わる業務を広く行っている。

主な事業内容[編集]

バス事業[編集]

大型バスやマイクロバスなどを保有。路線バス車両は2017年(平成29年)3月31日現在で11台登録されている[1]貸切バスは9台登録されており、札幌運輸支局管内発着を営業区域とする[2]

なおバス停は「シモダンモータース」、車両表記は「シモダンバス」と片仮名書きになっている。

当別町コミュニティバス[編集]

当別ふれあいバス
あいの里金沢線
石狩太美駅を出る当別駅南口行
「当別駅南口」バス停

当別町からの委託により運行するコミュニティバスである。愛称は「当別ふれあいバス」。

それまで当別町内で運行されていた路線バスや送迎バスなどをまとめた上で2006年(平成18年)より運行開始。当初は2007年(平成19年)度まで試験運行として運行する予定だったが2010年(平成22年)度まで期間が伸ばされ、2011年(平成23年)度より本運行となっている[3][4]

運賃は1乗車一律200円で小学生・障がい者などは半額。回数乗車券が2,000円(200円×12枚)で販売されている。定期乗車券に近いものとして「応援券」が販売されており、指定した期間(1箇月・3箇月・6箇月)全線が乗り放題となる(記名者のみ利用可能)。

2014年11月4日からは運行経費削減を目的とした予約制(デマンド)運行が2カ月間の試験事業としてスタートした[5]

路線は2017年(平成29年)9月25日改正時点。

市街地予約型線[編集]

  • 予約により、市街地地区および東裏・対雁・蕨岱の各地区で運行。町内の各指定施設間の移動、ならびに町内の各指定施設と利用者の自宅付近の移動に限り利用可能。

土曜・休日全便運休。 かつては市街地循環線当別駅南口 - 当別中学校 - 栄町 - 伊達記念館 - 当別駅南口 - 当別町役場 - 当別駅北口 - 北栄団地 - 当別駅南口)が運行されていたものの、2015年(平成27年)10月1日より当路線の運行に変更された[6]。なお2014年11月4日からの予約制運行の試験事業に際しても、町内中心部の対象地域で市街地循環線を一時休止して実施していた[5]

2016年(平成28年)10月3日より、運行エリアを市街地地区のほか東裏・対雁・蕨岱の各地区にも拡大した[7]

あいの里金沢線[編集]

医療大あいの里キャンパス - ロイズふとみ工場間、当別駅南口 - 北海道医療大学間は土曜・休日運休。

以前は当別駅南口を境に「西当別・あいの里線」、「金沢線」として別系統で運行されていたが、2011年(平成23年)10月1日に統合されている。全区間直通のほか、当別駅南口を境とした統合前と同じ便も設定される[9]

かつては北海道中央バスが「当別ターミナル - 石狩太美駅 - 石狩八幡町」や「石狩太美駅 - あいの里教育大駅 - 栄町駅」の路線バスを運行していたが、撤退している。北海道中央バス石狩営業所を参照。

みどり野・青山線[編集]

  • 当別駅南口 - 当別町役場 - 当別駅北口 - 北栄団地 - 弁華別郵便局 - みどり野会館 - 阿蘇岩口 - 青山会館

弁華別郵便局 - 青山会館は予約制運行で土日祝は運休となる。

かつては北海道中央バスの路線で、のちに当別町が札幌第一観光バスに委託して運行していたが、2003年(平成15年)に撤退。その後は下段モータースが受託し「青山線」として運行。道民の森までの延長運転(季節運転)も実施されていたが、当別コミュニティバス運行開始に伴い統合された。

2016年(平成28年)10月1日より、弁華別郵便局 - 青山会館の間は予約があった場合のみ運行する形となり、また土日・祝日は全便廃止となった[10]

西当別道の駅線[編集]

  • ヒルズE5-3-17 - ヒルズ管理センター - 西当別中学校 - 太美スターライト中央 - ふとみ銘泉 - 石狩太美駅 - 北欧の風 道の駅とうべつ

2017年(平成29年)9月25日新設。2018年(平成30年)9月30日まで実証運行を行い、2018年10月1日より本格運行とすることを予定している。[11]

太美スターライト中央ならびに石狩太美駅が始終点となる区間便も設定されている。ヒルズE5-3-17 - 石狩太美駅・ふとみ銘泉の間は、あいの里金沢線とは一部で経路が異なる。

ゆとろ線(廃止)[編集]

  • 町内巡回(運行開始 - 2007年10月14日)

お買い物ふれバ(廃止)[編集]

  • 当別駅南口 - 町内巡回 - ラルズ前(2007年10月15日 - 2009年3月31日)

SuiSuiふれバ(廃止)[編集]

金曜・土曜の深夜に札沼線(学園都市線)の下り最終列車から接続する深夜バスとして完全予約制で設定されていた。1乗車1,000円の割増運賃が適用され、必要運賃分の回数券券片で利用可能であったほか、応援券を持つ利用者は半額になった。採算を確保できなかったことから廃止されている[3]

当江線(一般路線、廃止)[編集]

当江線の車両 江別駅前にて

石狩川を挟んだ当別町側は1936年(昭和11年)廃止された江当軌道にほぼ沿う。

かつては北海道中央バスの路線で、1993年(平成5年)から札幌第一観光バスへの委託路線(21条バス)となった。平日6往復、土曜・休日4往復が設定されていたが、札幌第一観光バスが撤退の意向を示し、2005年(平成17年)4月1日より下段モータースが運行を受託。2006年(平成18年)10月の道路交通法改正以降は下段モータースが自主運行する一般路線バスに対し、自治体等が補助金供出などで路線維持に協力する形に変更となり、平日のみ4往復運行となった。

乗客数減少などから自治体と協議の結果、2016年(平成28年)4月1日付で廃止された[12][13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 全国乗合バス事業者の移動円滑化基準適合車両導入状況 (PDF)”. 国土交通省. 2018年3月17日閲覧。
  2. ^ 貸切バス会社一覧 (PDF)”. 北海道バス協会. 2011年12月13日閲覧。
  3. ^ a b 当別町における地域公共交通活性化・再生総合事業(計画事業最終年度) (PDF)”. 国土交通省. 2011年12月13日閲覧。
  4. ^ 乗ること自体が楽しみ? 当別町の「ふれあいバス」”. iza (2011年2月27日). 2011年12月13日閲覧。
  5. ^ a b “当別「ふれバ」予約運行、反応上々 試験導入開始”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年11月5日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/572618.html 
  6. ^ 広報とうべつ 2015年9月号”. 2018年1月16日閲覧。
  7. ^ 市街地予約型線の運行エリアを拡大します”. 当別町公式ホームページ (2017年11月14日). 2018年1月16日閲覧。
  8. ^ あいの里金沢線 時刻表”. 当別町公式ホームページ (2018年11月20日). 2019年1月7日閲覧。
  9. ^ 10月1日から西当別・あいの里線と金沢線の一部を統合します (PDF)”. 当別町. 2011年12月13日閲覧。
  10. ^ 広報とうべつ 2016年10月号”. 2018年1月16日閲覧。
  11. ^ 西当別道の駅線 時刻表”. 当別町公式ホームページ (2017年11月14日). 2018年1月16日閲覧。
  12. ^ 路線バス「当江線」の廃止について”. 当別町 (2016年3月2日). 2016年6月30日閲覧。
  13. ^ 広報とうべつ 2016年3月号”. 当別町. 2016年7月1日閲覧。

関連項目[編集]