下毛野石代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
下毛野石代
時代 飛鳥時代後期 - 奈良時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下左京亮
主君 文武天皇元明天皇元正天皇
氏族 下毛野朝臣→下毛野川内朝臣
テンプレートを表示

下毛野 石代(しもつけの の いわしろ)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族官位従五位下左京亮

経歴[編集]

文武朝大宝元年(701年左大臣多治比嶋の薨去に際して、百官を代表してを行う(この時の位階従七位下)。慶雲4年(707年)一族の下毛野古麻呂の言上により、石代は下毛野朝臣から下毛野川内朝臣に改姓した。

元明朝末の和銅8年(715年従六位上から三階昇進して従五位下叙爵する。元正朝では左京亮を務めるが、養老4年(720年陸奥国蝦夷の反乱が発生して陸奥按察使上毛野広人が殺害されたため、反乱鎮圧のため多治比縣守持節征夷将軍に、石代が征夷副将軍に任ぜられている。

官歴[編集]

続日本紀』による。

参考文献[編集]