下河原通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 灘区 > 下河原通

下河原通(しもがわらどおり[1])は、兵庫県神戸市灘区町名。平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)における世帯数585、人口1,178、うち男性549人、女性629人[2]郵便番号は、657-0045。

地理[編集]

北はJR東海道本線を挟み上河原通でその東で僅かに稗原町に接し、東は琵琶町、南は鹿ノ下通、西は都賀川を挟み灘南通。東から順に一~五丁目が並ぶ。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、下河原通3-3-2の地点で20万3000円/m2となっている。[3]

歴史[編集]

旧・河原字(河原村)上波婦(かみはぶ)・下波婦・目端・溝端などの南部から成立した。

地名の由来[編集]

『神戸の町名』によれば河原村の名は都賀川の河原沿いに拓いた所であることに拠る[4]。河原村は中世には都賀荘に属し、天文年間には妙観院の所領。

江戸時代には西国街道筋の町並みとして賑わったといい[4]大田南畝の『革令紀行』には「石屋川をかちわたりて田面をゆくに人家あり。河原町といふ」とある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『灘区の町名』では「しもかわらどおり」
  2. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年8月5日閲覧。
  3. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  4. ^ a b 神戸史学会、2007

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』 神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6。
  • 『灘区の町名』 灘区役所広報相談課、灘区役所広報相談課、1976年