下甑町瀬々野浦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
日本 > 鹿児島県 > 薩摩川内市 > 下甑町瀬々野浦
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version - koshiki.svgと異なる可能性があります。
下甑町瀬々野浦
—  大字  —
ナポレオン岩
下甑町瀬々野浦の位置(鹿児島内)
下甑町瀬々野浦
下甑町瀬々野浦
座標: 北緯31度41分26.2秒 東経129度41分38.4秒 / 北緯31.690611度 東経129.694000度 / 31.690611; 129.694000
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 薩摩川内市
地域 下甑地域
人口 (2011年平成23年)4月1日現在)
 - 計 205人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 896-1412(内川内地区)
896-1512(その他)

下甑町瀬々野浦(しもこしきちょうせせのうら Shimokoshiki-Chō Sesenoura)は、鹿児島県薩摩川内市大字[1]。旧甑島郡甑島郷瀬々之浦村、甑島郡下甑村大字瀬々野浦。人口は205人、世帯数は136世帯(2011年4月1日現在)[2]

郵便番号は内川内地区では896-1412、その他は896-1512。

地理[編集]

薩摩半島の西部に浮かぶ甑島列島南部の下甑島の北西部に位置している。字域の東方には鹿島町藺牟田下甑町長浜下甑町青瀬、南方には下甑町片野浦がそれぞれ接しており、西部には東シナ海に面している。

字域内の南部には薩摩川内市立西山小学校跡(2013年3月を以て閉校)があり、この付近に集落が集中している[3]

海岸線の多くが奇岩や断崖から構成されており[3]、沖にはナポレオンの横顔に見えるという高さ127mのナポレオン岩がある[4]。また、内川内海岸には平家の落人が甑島に漂着した際に舟8艘を隠したといわれる八艘穴がある[3]

小字[編集]

小字は浜里、古里、小里、開田、上開田、的場、中平、上ノ開、下道、峠、石田、敷樋、日影、上井手、湯穴、夏迫、笛畠、平石、下平石、新山、高名、丑川、西平石、長平、池ノ平、下長平、滑川、大桑木、上大桑木、千田、高道、高田、大林、登立、矢畑、鯨林、坂ノ下、松元、江川、前ノ平、松板、下松板、赤落、上野作、柞大迫、屋床、野竹、大内ノ浦、落し、野間、木床、金山、金山平、小屋床、桐、前迫、浜平がある[5]

歴史[編集]

瀬々之浦の成立[編集]

瀬々之浦という地名は江戸期より見え、薩摩国甑島郡甑島郷(外城)のうちの瀬々之浦村であった。村高は「旧高旧領」では161石余であった。内ノ河内(現在の内川内)は瀬々野浦からの移住者によって開拓された区域であり、行政上では瀬々野浦とは独立した区域として扱われる[3]

町村制施行以後[編集]

1889年明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、下甑島の全域より下甑村が成立し、江戸期の瀬々之浦村の区域は下甑村の大字「瀬々野浦」となった[6]1999年平成11年)2月12日に公有水面埋立地の区域を瀬々野浦字丑川及び字小里に編入した[7][8]

2004年(平成16年)には上甑村が川内市の他7町村と新設合併する際に大字名について法定合併協議会にて「従前の村名を町名とし、これを従前の大字名に冠したものをもって、大字とする」[9]とされ、旧村名である「下甑村」の村を町に置換え、従前の大字名である瀬々野浦に冠し、薩摩川内市の大字「下甑町瀬々野浦」に改称した。

字域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
瀬々野浦字丑川の一部 1999年平成11年)2月12日 公有水面埋立地
瀬々野浦字小里の一部

施設[編集]

公共
  • 下甑瀬々野浦診療所
    • 下甑内川内出張診療所
  • 西山地区コミュニティセンター
  • 内川内地区コミュニティセンター
教育
  • 薩摩川内市立西山小学校跡
    1880年明治13年)に瀬々野浦小学校として開設され、瀬々野浦簡易科小学校を経て1893年明治26年)に西山小学校に改称[6]。2013年度より薩摩川内市立長浜小学校に統合され閉校となった。

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校の学区(校区)は以下の通りである[10]

大字 小字 小学校 中学校
下甑町瀬々野浦 全域 薩摩川内市立長浜小学校[11] 薩摩川内市立海星中学校

交通[編集]

道路[編集]

県道
  • 鹿児島県道350号長浜手打港線

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川薩地区合併協議会 町・字の取り扱いについて
  2. ^ 統計データ(町別住民基本台帳人口) - 薩摩川内市公式ウェブサイト 2011年11月21日閲覧。
  3. ^ a b c d 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.1003
  4. ^ 下甑・自然 ナポレオン岩 - 薩摩川内市観光協会 2011年11月21日閲覧。
  5. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.1168
  6. ^ a b 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店 p.374
  7. ^ 平成11年鹿児島県告示第219号(字の区域の変更、平成11年2月12日付鹿児島県公報第1445号の2所収)
  8. ^ 平成11年鹿児島県告示第221号(字の区域の変更、平成11年2月12日付鹿児島県公報第1445号の2所収)
  9. ^ 町名・字名の取り扱いについて - 川薩地区法定合併協議会 2011年2月6日閲覧。
  10. ^ 薩摩川内市 義務教育”. 薩摩川内市役所. 2011年11月21日閲覧。
  11. ^ 2012年度までは後迫及び前迫以外の全域が薩摩川内市立西山小学校の通学区域であった

関連項目[編集]

座標: 北緯35度40分38.4秒 東経139度44分40.6秒