下田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

下田氏(しもだし、しもだうじ)は、日本氏族。日本全国に分布する名字であり、著名なものとしては下記のような一族がいる。

また、地名や地形を採って名字とした場合も多い。

源姓南部氏庶流[編集]

南部氏南氏の一族。江戸時代に盛岡藩の家臣を歴任した。

歴史[編集]

三戸南部氏22代当主の南部政康の三男・南長義(信義)の三男・南直政が、26代当主・南部信直から下田村(現:青森県おいらせ町)の領地を賜り、直政の長男・直勝が居住し下田氏を称するようになった。

天正19年(1591年)、『九戸政実の乱』での負傷が元で南直政が死去し、直勝が下田勘解由家の家督を継ぐ[1]

寛永元年(1624年)、直勝は弟の直徳に300石を分地し、下田に住まわせる。これ以降、直徳の家系は下田将監家として続く[2]

寛永10年(1633年)、直徳は盛岡城の完成に伴い下田から盛岡へ移った。

脚注[編集]

  1. ^ 近世こもんじょ館 きろく解読館 下田勘解由家”. www.komonjokan.net. 2019年9月4日閲覧。
  2. ^ 近世こもんじょ館 きろく解読館 下田将監家”. www.komonjokan.net. 2019年9月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『下田町誌』下田町誌刊行委員会(編)、下田町、1976年8月。全国書誌番号:80033838