下田隼成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

下田 隼成(しもだ はやなり、1984年7月16日 - )は、レーシングドライバー血液型はO型。

レース活動の一方で2003年にはCDデビューも果たしている。

プロフィール[編集]

1997年にカートデビュー。那須スーパーカップのSBクラスで優勝。那須スーパーカップのSSBクラスで優勝。1998年には、那須スーパーカップで優勝。JAF地方選手権関東西地域スポット参戦し、2位を獲得。

1999年、2000年は学業専念でレース活動を休止していた。

2001年は全日本カート選手権前哨戦のICAクラス茂木で優勝した後渡欧し、イタリアのフォーミュラ・ルノー選手権シリーズにフル参戦。イギリスのフォーミュラ・ルノー ウィンターシリーズにもフル参戦した。

2002年はイギリスのフォーミュラ・ルノー選手権シリーズにフル参戦。その一方で、全日本GT選手権TeamUKYOより片山右京の代役としてシーズン途中から参戦し、マレーシア(セパンサーキット)でのデビュー戦で7位に入る。

2003年は、シーズン開幕直後のセブリング12時間レースに参戦し、予選で5位に食い込むも、決勝は73周目にマシントラブルにてリタイア。FIA スポーツカー選手権では開幕戦で決勝2位に入ったほか、オシアスレーベンで優勝。またフォーミュラ・ルノーV6(現ワールドシリーズ・バイ・ルノー)ユーロカップに参戦するも、マシントラブルに苦しみ、成績としては第5戦モナコで決勝5位。またル・マン24時間レースにも参戦し、予選でクラス1位、決勝でLMP675クラス2位となる。

2004年は前年に引き続きフォーミュラ・ルノーV6 ユーロカップに参戦するが良績は残せず最高位はスパ・フランコルシャンの決勝3位。ル・マン24時間レースでは予選総合3位となるも、決勝はリタイアした。

2005年は当初GP2への参戦を予定していたものの、開幕直前にシートを喪失。ル・マン耐久シリーズ(LMES)に参戦することになり、シリーズチャンピオン争いを繰り広げていたが、あと一歩のところでシリーズチャンピオンを逃す。総合2位。アメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)にも3戦程参戦し、3つのポールポジションと最終戦ラグナセカで優勝を収めている。その後、2005-2006A1グランプリに、第4戦イースタンクリークより日本チームから参戦していたが、第9戦メキシコGP以降チームの資金不足により不参加となっている。自身は9位入賞もしていたが、壮絶なクラッシュが多く話題になっていた。(最高位9位1回・チーム総合21位)

2006年はワールドシリーズ・バイ・ルノーに参戦するが良績は残せず最高位はモナコの5位。

2007年はルマン・シリーズ(LMS)に第2戦バレンシアより3戦参戦。予選は3位及び4位と好位置につけるもマシントラブルに苦しみ良績は残せず。アメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)最終戦ラグナセカにもチームZytekEngineeringより参戦。

2008年からレース活動をしていない。

日本での活動[編集]

2002年途中にTOYOTA TEAM CERUMOよりJGTCに途中参戦し、前年型のマシンであるのにもかかわらず入賞することが多かった。翌年以降は鈴鹿1000kmを中心に参戦し、2005年には総合優勝を飾った。それ以降、国内での参戦はない。