下腸間膜動脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
動脈: 下腸間膜動脈
Gray538.png
S状結腸直腸。下腸間膜動脈の分枝とその吻合の分布を示す(中央に下腸間膜動脈(Inferior mesenteric artery)とある)。
Gray985.png
消化管の腹腔部とその原始・総腸間膜への付着。6週間のヒトの胚(右下に下腸間膜動脈(Inferior mesenteric artery)とある)。
ラテン語 arteria mesenterica inferior
起始
腹大動脈   
分岐
左結腸動脈, S状結腸動脈, 上直腸動脈
静脈
下腸間膜静脈
卵黄動脈
テンプレートを表示

下腸間膜動脈(inferior mesenteric artery、しばしばIMAと略される)は、腹大動脈の3番目の主要な分枝である。腰椎3(L3)から生じ、遠位横行結腸から肛門管の上部まで大腸に供給する。IMAが供給する領域は、下行結腸S状結腸および直腸の一部である[1]

分布の領域は近接して中結腸動脈と重なり(watershedを形成する)、よって上腸間膜動脈(SMA)と重なる。SMAとIMAは結腸辺縁動脈(Drummond動脈)とリオラン弓(Riolan's arcade, "meandering artery"(蛇行動脈)とも呼ばれ、左結腸動脈と中結腸動脈の間の動脈接続)で吻合する。IMAの分布領域は、胚における後腸とほぼ等しい[1][2]

分枝[編集]

下腸間膜動脈は、腎動脈の分枝点より下、大動脈分岐部(総腸骨動脈に向かう)より3-4cm上の腰椎3(L3)の高さで腹大動脈の前面から分枝する[3]

その経路に沿って、IMAには次の分枝がある[1][2][3]

分枝
左結腸動脈 下行結腸に供給する
S状結腸動脈 最も上にあり「上S状結腸動脈」と呼ばれる
上直腸動脈 事実上、IMAの終枝(他の全ての分枝の後、IMAが続いたもの)

これら全ての動脈分枝はアーケードにさらに分かれ、一定間隔で結腸に供給される。

関連する静脈[編集]

IMAにはその経路に沿って同じ名前の静脈、下腸間膜静脈が付随しており、これは脾静脈に流れ込む[1]

よって、下腸間膜静脈は門脈に流れこむため、IMAの経路を完全には反映していない[1][2][3]

外科と病理[編集]

IMAおよび/またその枝は左半結腸切除術のためには切除する必要がある[4]

一般的な腎臓の異常(500人に1人)である馬蹄腎は、IMAの下に位置する[5][6]

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Standring, Susan. Gray's anatomy : the anatomical basis of clinical practice (41st ed.). Philadelphia: Elsevier Limited. ISBN 9780702052309. OCLC 920806541. 
  2. ^ a b c Moore, Keith L.; Dalley, Arthur F., II; Agur, A. M. R.. Clinically oriented anatomy (7th ed.). Philadelphia: Wolters Kluwer Health/Lippincott Williams & Wilkins. ISBN 1451119453. OCLC 813301028. 
  3. ^ a b c Drake, Richard L.; Vogl, Wayne; Mitchell, Adam W. M.; Gray, Henry. Gray's anatomy for students (3rd ed.). Philadelphia, PA: Churchill Livingstone/Elsevier. ISBN 9780702051319. OCLC 881508489. 
  4. ^ Charan, Ishwar; Kapoor, Akhil; Singhal, Mukesh Kumar; Jagawat, Namrata; Bhavsar, Deepak; Jain, Vikas; Kumar, Vanita; Kumar, Harvindra Singh (December 2015). “High Ligation of Inferior Mesenteric Artery in Left Colonic and Rectal Cancers: Lymph Node Yield and Survival Benefit”. The Indian Journal of Surgery 77 (Suppl 3): 1103–1108. doi:10.1007/s12262-014-1179-2. ISSN 0972-2068. PMC: 4775673. PMID 27011519. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4775673/. 
  5. ^ Schiappacasse, G; Aguirre, J; Soffia, P; Silva, C S; Zilleruelo, N (January 2015). “CT findings of the main pathological conditions associated with horseshoe kidneys”. The British Journal of Radiology 88 (1045). doi:10.1259/bjr.20140456. ISSN 0007-1285. PMC: 4277381. PMID 25375751. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4277381/. 
  6. ^ Clinical case: Horseshoe kidney transplantation”. Kenhub. 2019年9月28日閲覧。